星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

2019年7月7日 スポーツによるまち・人づくりセミナー大塚裕土選手

市内ホテルで名寄観光大使の大塚裕土選手を講師にセミナーが開かれました。
大塚選手は今年度BリーグのオールスターMVPをとった選手で、バスケット関係者をはじめおよそ100人の市民が参加し、特にそこに集まったミニバス少年たちは目を輝かせて大塚選手の話を聞いていました。
大塚氏は「ただプログラムをこなすだけではなく、何のためにこの練習をしているのか、どういう意味が込められているかを考えてやってほしい」と目標を達成するための教えを説いていました。
講演の最後には、ミニバスケット選手たちと直接膝を突き合わせて一人ひとりの質問に答えられていました。
また午前中には、市内ミニバスケット選手のためのクリニックも行い、地域のスポーツ普及にも貢献されています。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。

最終更新日:2019年07月07日