PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

2019年11月24日 天塩川フォーラムin名寄

駅前交流プラザよろーな大会議室で、天塩川フォーラムin名寄が開催され、およそ130人が来場されました。
本フォーラムは、紙芝居師の三橋とらさんが、「北海道」の名付け親である松浦武四郎さんの生涯を紙芝居で実演しました。
参加者は、強弱ある感情込もったセリフに聞き入りながら、紙芝居にくぎ付けとなっていました。
その後もドキュメンタリー番組が上映され、参加者は松浦武四郎を深く学んだ一日となりました。
 

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。

最終更新日:2019年11月24日