PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

風しんの抗体検査・予防接種について(お知らせ)

 厚生労働省は、風しんの感染拡大防止のために、風しんの公的な予防接種を受ける機会のなかった男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれのかた)に対し、風しんの抗体検査を無料で実施することを決定しました。
 抗体検査の結果、十分な量の抗体がないかたには、風しんの予防接種(第5期)を無料で行います。

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券が届きます

 名寄市では、国の手引きに基づき、令和元年度の受診に必要なクーポン券を昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれのかたに送付しました。
 抗体検査の料金は公費で負担されますので、対象のかたはこの機会にまずは抗体検査を受けましょう。
 令和元年5月1日以降に名寄市へ転入された対象となるかたには、順次クーポン券を送付しますが、受診を急ぐ場合については保健センターまでご連絡ください。
 なお、名寄市から転出されると、名寄市が発行したクーポン券を使用することはできません。転出先の自治体が発行するクーポン券が必要となりますので、転出先の自治体へご確認ください。

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性のかたへ

 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性には、次年度以降、クーポン券の送付を予定していますが、今年度内の受診を希望されるかたは保健センターまで問い合わせください。

検査の結果、十分な量の風しんの抗体がないかたへ

 風しんの抗体検査を受けた結果、十分な量の抗体がない場合は、風しんの第5期の定期接種を受けることができます。
 抗体検査を受けた医療機関等から受け取った抗体検査結果とクーポン券および本人確認書類(免許証等)を持参し、予防接種実施医療機関等で予防接種を受けましょう。

風しんの追加的対策のポイント

【厚生労働省ホームページより抜粋】

2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。     

【目標】
     (1)2020年7月までに、対象世代の男性の抗体保有率を85%に引き上げる
       (2)2021年度末までに、対象世代の男性の抗体保有率を90%に引き上げる

【追加的対策のポイント】
 特に抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、
1. 予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施
2. ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施
3. 事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター