PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

新型コロナウイルス「COVID-19」

メッセージ

新型コロナウイルス感染拡大防止のための「緊急事態宣言」は解除されましたが、ウイルスの感染が完全になくなった訳ではなく、これからもウイルス感染を最小限に抑える取り組みが必要となります。
北海道全体で感染リスクを低減させる「新北海道スタイル」を推進しています。
市民の皆さまにおかれましては、今後も、密閉・密集・密接の3つの密を避け、咳エチケットや身体的距離を保つなどの取り組みにご協力いただきますようお願いいたします。

感染拡大防止に向けた注意喚起について【10月8日更新】

道内では、現在、感染者が増加傾向にあり、医療機関への入院者数も増加傾向となるなど予断を許さない状況となっています。特に30歳代以下の感染者が7割を占めるなど、若い世代の感染拡大が顕著となっています。
今後、感染拡大防止と社会経済活動との両立を進めていくためにも、感染が拡大しつつある現在の状況を今ここで、しっかりと抑え込んでいくことが重要であり、そのためには、日常からの感染予防に対する一人ひとりの意識と行動が大切です。
市民の皆さまにおかれましても、新北海道スタイルの実践をはじめとした感染予防にさらなるご協力をお願いします。

  • 道民の皆様へのお願い
  • 若者世代の皆様へ

イベント等の開催制限の緩和について【10月5日更新】

北海道では、現在の感染状況やこれまで得られた知見を踏まえて、イベントの開催について以下の条件において緩和されました。(当面11月末まで)
<収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件>
◆イベント主催者と施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により必要な感染防止策を担保していること
◆イベント主催者と施設管理者の双方において感染防止の取組が公表されていること

なお、イベントの開催につきましては、「新北海道スタイル」の実践や「業種別ガイドライン」の遵守が前提となりますので、イベント主催者及び施設管理者におかれましては、これらの徹底についてお願いします。
収容率・人数上限の目安は以下のとおりです。
  • イベント
各種イベントにおける大声での歓声・声援等がないことを前提としうる/想定されるもの の例
  • 声援

「新北海道スタイル」安心宣言(名寄市版)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、名寄市は『7つの習慣化』に取り組みます。
1.職員のマスク着用や手洗い等に取り組みます。
2.職員の健康管理を徹底します。
3.施設内の換気を行います。
4.施設・設備の定期的な消毒・清掃を行います。
5.人と人との接触機会を減らす取組を進めます。
6.来庁者の皆さまにも咳エチケットや手洗いをお願いします。
7.市民の皆さまと共に、感染症対策を進めます。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動について

これから、夏を迎えるにあたり、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめました。

業種ごとの感染拡大予防ガイドラインについて

内閣官房のホームページにおいて、業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧が掲載されています。
業種ごとのガイドラインを参考に、感染予防対策をお願いします。

北海道内の新型コロナウイルス感染症の発生状況

北海道内の新型コロナウイルス感染症の発生状況については、下記のホームページでご確認ください。

新型コロナウイルス「COVID-19」の項目

お問い合せ・担当窓口

名寄市新型コロナウイルス感染症対策本部

事務局:名寄市保健センター