PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の皆さまへ~

妊婦の皆さまへ

妊婦の皆さまに不織布マスクを配布します

一般的に妊婦のかたが肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があるといわれていることから、より一層の感染予防が必要となります。
そこで、名寄市では不織布マスクを調達し、妊娠週数に応じた枚数(5~15枚)を配布します。
対象者は令和2年5月1日以降を出産予定日とする名寄市に住民登録のある妊婦のかたです。
当面の間、保健センターにおいて母子健康手帳または妊産婦健診受診票を交付する際にお渡しします。
また、国から妊婦のかた向けに送付される布マスクについては、出産までの期間当面の間、毎月2枚を送付しています。
妊婦のかた向けQ&Aについて
妊婦のかた向けのQ&Aが厚生労働省から発出されています。
感染が妊娠に与える影響について
現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していないかたと変わらないとされています。胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、胎児の異常や死産、流産をおこしやすいという報告はありません。したがって、妊娠中でも過度な心配はいらないといわれています。
日頃の感染予防について
一般的に、妊婦のかたが肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底してください。
(1)密閉空間
(2)密集場所
(3)密接場面
という3つの「密」が同時に重なるような場所を避けてください。
働き方について
働いている方は、ご自身の体調なども踏まえ、時差通勤やテレワークの活用、休暇の取得などについて、勤務先とご相談ください。

お問い合せ・担当窓口

名寄市新型コロナウイルス感染症対策本部

事務局:名寄市保健センター