PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策

新型コロナウイルス感染症に伴い、名寄市が行っている支援策のまとめのページです。

個人・世帯向けの支援策

市外学生保護者等応援プレミアム付商品券交付事業

市外の大学(短期大学や大学院、専門学校なども含む)に通学する本市出身の学生が、経済的な理由で学業を断念することがないよう、学生生活を支えている保護者に対して支援を行います。併せて、市内経済の活性化を図る目的から、名寄市内で使用できるプレミアム商品券を学生1人につき5万円分贈呈します。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

子育て応援給付金給付事業

特別定額給付金の支給対象外となる4月28日以降に生まれた子に対し1人10万円を給付します。
母親が4月28日から出生日まで継続して本市の住民基本台帳に登録しているかたが対象で、令和3年4月1日までに生まれた子を対象としています。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

第2次消費拡大支援事業

好評につき、おかげさまで「なよろ地域商品券」は全て売り切れとなりました。
使用期限は令和3年1月15日(金曜日)までですので、期限内にご使用ください。

ひとり親世帯臨時特別給付金給付事業

直近の収入が児童扶養手当の対象となる水準まで下がったひとり親世帯に対し、1世帯あたり5万円と第2子以降1人につき3万円加算する給付金を給付します。
給付基準として、今年6月分の児童扶養手当を受給していて、障害者年金等、公的年金の受給で児童扶養手当を受給していないかたが対象です。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

特別定額給付金

一律1人10万円を給付するものです。期限は8月13日までですので、お早めに申請してください。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

傷病手当金

直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額÷就労日数×2/3×日数を支給します。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

子育て世帯臨時特別給付金

子ども1人あたり1万円を増額します。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

住居確保給付金(給付)・緊急小口資金・総合支援資金(特例貸付)

離職等で住居を失った・失うおそれがある場合や、収入が減って家計の維持が難しい場合、給付・資金貸付を行います。
詳しくは、以下のリンクページ(名寄市社会福祉協議会ページ)をご覧ください。

支払い延長などの相談について

市税に関してお支払いが困難の場合、まずはご相談ください。
問い合わせ先

納税に関して

  • 税務課納税係
  • 01654-3-2111
  • 内線3206,3207,3208,3211
国民健康保険・後期高齢者医療に関して
  • 市民課国保高齢医療係
  • 01654-3-2111
  • 内線3114,3115,3116,3118

事業主向けの支援策

名寄市がんばる中小企業応援給付金

売上が前年同月比30%以上減少している中小企業等に給付金を支給します。
実施済事業の「国の持続化給付金」、「北海道の休業要請に関する支援金」、「名寄市の事業継続支援給付金」を受給されていても重複して受給することができます。給付金額は次のとおりとなります。
  • 飲食店事業者        25万円(複数店舗の場合50万円まで)
  • バス、タクシー事業者    30万円+車の保有台数に応じた加算(1台につきタクシー・乗合バス3万円、貸切バス6万円)
  • 宿泊業事業者(下宿を除く) 30万円+客室数×1.5万円+上下水道料3カ月分相当額
  • これら以外の事業者     15万円
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策緊急資金・信用保証認定申請

最近1カ月の売上げが前年同月と比較して10%以上減少した者に資金融資(限度額:1000万円、利子3年分・信用保証料全額を名寄市が負担)します。
また、信用保証(セーフティネット保証(4号・5号)・危機関連保証)の認定申請についても、市で受け付けます。

家賃支援給付金

 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、2020年5月~12月の売り上げにおいて一定の減少がある場合「家賃支援給付金」を支給します。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。

持続化給付金

2020年で特に厳しい月(1~12月)の売上げが前年比50%減の場合、年換算した減収額(上限:中小200万円、個人事業100万円)を給付します。
詳しくは、以下のリンクページ(経済産業省ページ)をご覧ください。

経営持続化臨時特別支援金

 「新北海道スタイル」の実践と休業等の要請にご協力いただいた事業者等に対し、支援金を支給します。
詳しくは、以下のリンクページをご覧ください。
 

雇用調整助成金(コロナ特例)

休業等助成します。助成率は、企業規模・雇用条件で変動します。
詳しくは、以下のリンクページ(厚生労働省ページ)をご覧ください。

小学校休業等対応助成金

小学校等休校で労働者が有給休暇取得の場合、1日あたり8,330円を上限に賃金相当額を助成します。
詳しくは、以下のリンクページ(厚生労働省ページ)をご覧ください。

小学校休業等対応支援金

小学校等休校で休業したフリーランス、1日あたり4,100円(定額)を助成します。
詳しくは、以下のリンクページ(厚生労働省ページ)をご覧ください。

無利子・無担保融資

新型コロナウイルス感染症の影響で前年比5%以上の売上減少した場合、据え置き(最大5年)の融資を行います。
詳しくは、以下のリンクページ(日本政策金融公庫ページ)をご覧ください。

その他の支援策

名寄市中小企業振興条例施行規則の拡充・緩和

中小企業や個人事業主の積極的な投資を後押しするため、名寄市中小企業振興条例に基づく中小企業支援策の一部を拡充・緩和します。詳しくは以下のリンクページをご覧ください。

●中心市街地近代化事業
事業費下限 300万円→150万円
補助率 20%→80%
補助限度額 600万円

●店舗支援事業
事業費下限 50万円→25万円
補助率 20%→80%
補助限度額 50万円→100万円

●創業支援事業
中心市街地近代化事業・店舗支援事業の補助金に合わせて奨励的に30万円を補助

期限
令和3年3月31日まで

GIGAスクール構想の加速化

国が取り組んでいる教育のICT化に向けた環境整備「GIGAスクール構想」の実現向けた1人1台の端末整備を加速化し、子供たちの学びを保証できるよう、後年度に予定していた学年の端末を前倒しで整備する。
  • 事業内容  当初:小5・小6・中1の3学年分を整備 → 小・中学校の全学年分を整備
  • 事業費    当初 84,958千円 + 補正額 84,566千円 = 169,524千円

小中学校再開に伴う感染症対策

学校教育活動の実施にあたり、感染症対策を徹底しつつ子供たちの学びを保証できるよう、学校環境の整備を行う。
  • 主な整備内容
  1. 特別教室等、一部未整備があった網戸
  2. 扇風機、移動式ホワイトボード、非接触式体温計
各学校から整備希望を聴取して行います。

文化センター(EN-RAY)再開に伴う感染症対策

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演等の事業を中止していた文化センター大ホール(愛称:EN-RAY)において、感染症対策等、業務再開に伴う環境整備を、文化庁の補助事業を活用して実施する。
  • 主な整備内容
  1. 赤外線体温監視モニター、非接触式体温計
  2. 空調設備の改修工事

お問い合せ・担当窓口

名寄市特別定額給付金担当窓口(名寄市役所内)