PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

新型コロナウイルス感染者情報等の公開について【8月12日更新】

市の直近1カ月分における新型コロナウイルスの感染者情報を公開します。

新型コロナウイルス感染者情報

8月12日発信情報

市内では、今週(7日~12日)に入り137人のコロナ感染者の報告があります。感染者の年齢は10歳未満から40歳代が多数となっています。
10日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係9人、名寄市立大学関係2人、保育所関係2人、市役所関係(健康福祉部・建設水道部・教育部)3人、名寄市立総合病院関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、お盆の時期を迎え、人の往来が活発化してきています。
北海道が呼びかけております8月10日~31日まで集中して実施する「夏の感染拡大防止パッケージ」のチラシを添付しました。
特に普段生活している方以外との飲食・会話などの際の基本的な感染予防や換気の徹底とあわせてご協力をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
  • 夏の感染拡大防止パッケージ

8月9日発信情報

市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(7月31日~8月6日分)219人で、年代別の感染者は、10歳未満50人、10歳代25人、20歳代19人、30歳代49人、40歳代38人、50歳代16人、60歳代12人、70歳代8人、80歳以上2人となっています。
8月6日から9日までのコロナ感染者報告は86人でした。6日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係9人、名寄市立大学関係4人、保育所関係3人、市立病院関係5人、市風連特養しらかばハイツ関係2人、衛生施設事務組合関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて、高齢者や基礎疾患のある方は重症化予防のために、特に若年層の方には大切な人のために、ワクチン接種を積極的にご検討ください。
マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。なお、高齢の方と会う時や病院に行く時はマスクを着用していただくとともに、体調不良時の出勤・登校・移動は控えてください。
また、夏休みや帰省等により普段生活されている方以外との飲食や会話などについては、より一層の感染対策をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

8月5日発信情報

市内では、今週(7月31日~8月5日)に入り182人のコロナ感染者の報告があります。感染者の年齢は全世代で発生していますが、特に10歳未満、30歳代、40歳代が多い状況です。
8月3日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係20人、保育所関係3人、名寄市立大学関係2人、市役所健康福祉部関係1人、名寄市立病院関係3人、市風連在宅老人デイサービスセンター関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
なお、市風連在宅老人デイサービスセンターにおいては、個別に利用者の皆様へは連絡させていただいていますが、8月4日・5日を臨時休館とし8月8日から再開予定としております。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて、高齢者や基礎疾患のある方は重症化予防のために、特に若年層の方には大切な人のために、ワクチン接種を積極的にご検討ください。
マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。なお、高齢の方と会う時や病院に行く時はマスクを着用していただくとともに、体調不良時の出勤・登校・移動は控えてください。また、夏休みや帰省等により普段生活されている方以外との飲食や会話などについては、より一層の感染対策をお願いいたします。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

8月2日発信情報

市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(7月24日~30日分)174人で、年代別の感染者は、10歳未満26人、10歳代32人、20歳代30人、30歳代29人、40歳代33人、50歳代11人、60歳代5人、70歳代5人、80歳以上3人となっています。
7月30日から8月2日までのコロナ感染者報告は73人でした。7月30日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係10人、名寄市立大学関係2人、保育所関係1人、市立病院関係5人、市役所職員関係7人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。なお、高齢の方と会う時や病院に行く時はマスクを着用していただくとともに、体調不良時の出勤・登校・移動は控えてください。
また、夏休みや帰省等により普段生活されている方以外との飲食や会話などについては、より一層の感染対策をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

7月29日発信情報

市内では、今週(24日~29日)に入り143人のコロナ感染者の報告があります。感染者の年齢は全世代で発生していますが、40歳代以下が主となっています。
27日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係17人、保育所関係1人、名寄市立大学関係4人、市役所建設水道部関係1人、名寄市立病院関係5人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには引き続き、次のチラシを参考に感染対策の徹底をお願いします。
特に普段生活されている方以外との飲食や会話などについては、より一層の感染対策をお願いいたします。
今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
  • 知人が感染その時どうする

7月26日発信情報

市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週は(17日~23日分)106人で、年代別の感染者は10歳未満26人、10歳代8人、20歳代16人、30歳代23人、40歳代13人、50歳代4人、60歳代7人、70歳代3人、80歳以上6人となっています。
23日から26日までで、市内で52人のコロナ感染者の報告があります。23日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係5人、名寄市立大学関係3人、名寄市保健センター関係1人、特養清峰園関係1人、デイサービスセンター友遊館関係3人、名寄消防署関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
なお、デイサービスセンター友遊館においては、利用される皆さまに個別に連絡をさせていただいておりますが、22日から26日まで臨時休館しております。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。なお、高齢の方と会う時や病院に行く時はマスクを着用していただくとともに、体調不良時の出勤・登校・移動は控えてください。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

7月22日発信情報

市内では、今週(17日~22日)に入り85人のコロナ感染者の報告があります。感染者の年齢は、10歳未満、20歳代、30歳代、40歳代が主となっています。
20日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係16人、保育所関係1人、名寄市立大学関係2人、市役所市民部関係1人、名寄消防署関係2人、名寄市立病院関係3人、特養清峰園関係1人、特養しらかばハイツ関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
冷房設置している場所では、通常のエアコンには換気機能がないことを留意し、換気の徹底をお願いします。また、まもなく学校の夏休みに入りますが、児童・生徒の保護者の皆様にはご家庭でのお子様の体調管理をお願いいたします。
マスク着用に関しての国の基本的な対処方針が示されていますので、マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

7月19日発信情報

市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週(10日~16日分)は25人で、年代別の感染者は10歳未満11人、10歳代2人、20歳代4人、30歳代3人、40歳代1人、50歳代3人、60歳代1人となっています。
今週(16日~19日)に入り、市内で13人のコロナ感染者の報告があります。16日以降の市関係分の陽性者は市内小中学校関係5人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
また、暑さが続いていますので熱中症に十分警戒してください。
マスク着用に関しての国の基本的な対処方針が示されていますので、マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

7月15日発信情報

市内では、今週(10日~15日)に入り19人のコロナ感染者の報告があります。感染者の年齢は、10歳未満から30歳代が主となっています。
13日以降の市関係分の陽性者は市内幼稚園関係1人、市内小学校関係7人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
また熱中症に十分警戒し、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。
マスク着用に関しての国の基本的な対処方針が示されていますので、マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。

7月12日発信情報

市内におけるコロナ感染者は、北海道の公表で先週(3日~9日分)は7人で、年代別の感染者は10歳代2人、20歳代1人、30歳代1人、40歳代2人、70歳代1人となっています。
今週(10日~12日)に入り、市内で1人のコロナ感染者の報告があります。9日以降の市関係分の陽性者は名寄市立総合病院関係1人でした。陽性者の行動歴の状況等を調査し、消毒作業や感染の可能性のある方を自宅待機にするなどの対応を図りながら感染拡大防止策を講じています。
市民の皆さまには、ご心配をおかけし、ご不安なことと存じますが、冷静な対応といつもお願いしている感染防止の3つの行動の徹底と合わせて未接種の方は発症予防・重症化予防のためにワクチン接種を積極的にご検討ください。
また、暑さが続いていますので熱中症に十分警戒してください。
マスク着用に関しての国の基本的な対処方針が示されていますので、マスクの着脱については本人の意に反して無理強いすることのないようお願いいたします。今後も誹謗中傷や差別などの行為は絶対に行わないようにお願いいたします。
熱中症予防とコロナ対策
  • 厚労省熱中症対策リーフレット_ページ_1
  • 厚労省熱中症対策リーフレット_ページ_2
マスク着用の方針
  • マスク着用について
  • 子どものマスク着用について
北海道からのお願いパンフレット
  • 北海道チラシ

冷静に思いやりのある行動を

市では令和2年12月に「コロナ差別がゼロのまち宣言」を行い、患者や医療従事者などが安心して治療や看護等に専念できるように取り組んでいます。
市民の皆さまも正確な情報のもと、「もし、自分が感染したら」と考え、思いやりのある行動をお願いします。

お問い合せ・担当窓口

名寄市新型コロナウイルス感染症対策本部

事務局:名寄市保健センター