PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

【変更】4月からスプレー缶類の排出ルールが変わります

国内各地において、スプレー缶やカセットボンベの穴開けを原因とした火災事故が発生している状況を踏まえて、平成31年4月1日から穴を開けずに捨てられるよう排出ルールを変更します。火災事故防止や安全確保のためにも、ご理解とご協力をお願いいたします。

排出ルールが変更されるもの

  • スプレー缶
  • カセットボンベ
  • ライター

変更内容

スプレー缶類変更表

  • スプレー缶・カセットボンベは穴開けしないでください。
  • 埋立ごみの指定袋には入れず、透明または半透明の袋で出してください。
  • スプレー缶とカセットボンベはひとまとめに、ライターはライターのみを袋に入れて出してください。
  • 収集曜日は埋立ごみの日です。(これまでと変わりません。)

注意事項

  • 中身が残っている状態でごみに出さないでください。
  • 使い切れず中身を出す際や、ガス抜きキャップを使用する際は、必ず風通しの良い屋外で行なってください。
  • 埋立ごみの指定袋には入れないでください。
  • 一度に多量に排出しないようご協力ください。
  • 名寄市リサイクルセンターや風連処分場内にあるリサイクルプラザへ自己搬入することもできます。
  • 外したキャップはプラスチック容器包装類に分別してください。 
     

正しい処理・処分の仕方

スプレー缶・カセットボンベの処分の仕方

 1 缶を振って、中身が残っていないか確認する

 2 中身やガスを使い切る、出し切る                                             
    中身やガスを出し切る際は、必ず火気のない風通しの良い屋外で行なってください。
    ほとんどのスプレー缶にはガス抜きキャップが付属していますので利用しましょう。
    ガス抜きキャップがない場合は、スプレーボタンを押して完全に出し切ってください。 
     
 3 透明または半透明の袋に入れ、埋立ごみの収集日に出す
    スプレー缶とカセットボンベのみを入れて出してください。
    埋立ごみの指定袋には入れないでください。
                                                                      
   
   ガス抜きの詳しい方法は、一般社団法人日本エアゾール協会のホームページをご覧ください。

ライターの処分の仕方

 1 ガスやオイルを使い切る、出し切る
    使い切れないライターの処理方法は下記の「中身を使い切れない場合」をご覧ください。
    
 2 透明または半透明の袋に入れ、埋立ごみの収集日に出す
    ライターのみを入れて出してください。
    埋立ごみの指定袋には入れないでください。
      

中身を使い切りましょう!

 缶を振ってみて「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がしたら、まだ中身が残っていますので使い切りましょう。

中身を使い切れない場合
  • スプレー缶
   風通しが良く火気のない屋外で、風下に向けて新聞紙などに吹き付けます。
   周囲への飛散にご配慮ください。人などにかからないように行ないましょう。  
  • ガスボンベ
   2007年4月以降に製造されたカセットコンロには、ガスを最後まで使い切るためのヒートパネルが搭載されておりカセットボンベの中のガスを最後まで使い切ることができます。
  • 使い捨てライター
   操作レバーを押し下げ、着火した場合はすぐに吹き消します。
   そのまま粘着テープなどで固定し、風通しが良く火気のない屋外に1日程度放置します。
   ガス抜き方法の詳細、注入式ライターやライター用ガスボンベの処理方法については、日本喫煙具協会のホームページをご覧ください。  

お問い合せ・担当窓口

市民部 環境生活課 廃棄物対策係