PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

名寄市地域公共交通活性化協議会

名寄市地域公共交通活性化協議会について

「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」および「道路運送法」の規定に基づき、住民の生活に必要なバス等の旅客輸送の確保その他旅客の利便性の増進を図り、地域の実情に即した輸送サービスの実現に必要となる事項を協議するため、「名寄市地域公共交通活性化協議会」を設置しました。

構成

「名寄市地域公共交通活性化協議会」は、次のメンバーで構成しています。

  • 市民および公共交通利用者の代表者
  • 国および道の関係行政機関の代表者
  • 一般旅客運送事業者の代表者
  • 一般旅客自動車運送事業者の運転手が組織する団体の代表者
  • 名寄市

名寄市地域公共交通網形成計画の策定について

名寄市の公共交通については、鉄道路線として、旭川駅から名寄駅を経て稚内駅を結ぶ宗谷本線の他、路線バスとして、道北バス、名士バス、士別軌道・ジェイ・アール北海道バスが都市間路線バスを運行し、また、市内路線バス・デマンドバスを名士バスが運行している状況にある。加えて、タクシーとして、市内には、3社のタクシー事業者がサービスを実施しています。
これらの公共交通は、通勤や通学、通院、買い物など生活に必要な生活の足となっています。
しかしながら、人口が減少していく中での地域公共交通は維持・継続に向けた困難な局面が多いものの、一方、高齢者の交通事故は増加傾向にあり、高齢化社会に適した市民ニーズを踏まえた公共交通の構築が不可欠と考えられます。
そのため、今後の人口減少、高齢化社会の進行を見据え、恒久的に地域の足を守るために、名寄市の公共交通の指針となる「名寄市地域公共交通網形成計画」を策定しました。

名寄市地域公共交通活性化協議会の項目

お問い合せ・担当窓口

総務部 企画課 企画調整係