PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

配偶者等からの暴力に関する相談

配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。
暴力の被害者は多くの場合女性であり、経済的自立が困難な女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、男女平等の妨げとなっています。
配偶者からの暴力に悩んでいる場合は、ひとりで悩まずに相談してください。

配偶者からの暴力(DV)とは

配偶者
  • 男性、女性を問いません。
  • 事実婚元配偶者交際相手などが含まれます。
暴力
  • 身体的暴力~殴る・ける・たたく・物を投げ付ける・首を絞める・突き飛ばすなど
  • 精神的暴力~無視する・暴言を吐く・脅す・恥をかかせる・他人に悪口を言う・長時間説教をするなど
  • 性的暴力~性行為を強要する・避妊に協力しない・無理やりポルノを見せるなど
  • 社会的暴力~行動を監視する・親せきや友人などとの付き合いを制限するなど
  • 経済的暴力~生活費を渡さない・生活費の使い道を細かくチェックする・外で働くことを禁じる・借金をさせるなど
  • 子供を利用した暴力~子どもの前で暴力を振るう・子どもに悪口を言う・子どもを傷付けると言って脅すなど

相談窓口 (※緊急の場合は迷わず110番通報)

DV相談ナビ+(プラス)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活不安やストレスから、DV等の増加や深刻化が懸念されています。こうした状況に対応するため令和2年4月20日に開設されました。
専門の相談員が対応し、面談、同行支援などの直接支援を実施しており、緊急の宿泊場所など安全な居場所を提供しています。

電話相談体制の拡充
電話番号:0120-279-889
受付時間:9時から21時(4月29日より24時間受付)
メール相談、チャット相談
  • メール相談
    受付時間:24時間受付 
  • チャット相談
    受付時間:12時から22時
 下記リンクにアクセスしてください。
WEB面談
相談状況に応じて対応しています。

DV相談ナビ

配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のために、相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。発信地等の情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただくことができます。お急ぎの相談はこちらにご連絡ください。

電話番号:0570-0-55210
 

北海道立女性相談援助センター

女性相談専用ダイヤル:011-666-9955
受付時間:平日9時から17時

※配偶者からの暴力に係る電話相談は、下記の時間にも受付しています。
平日:17時30分から20時
土曜日、日曜日、祝日:9時から17時

来所相談、法律相談も行っています。

警察相談専用電話

北海道警察旭川方面本部警察相談センター
電話 0166-34-9110または #9110

加害者からの保護

配偶者から暴力を受け、加害者から逃れたい、加害者を引き離してほしい場合に、配偶者暴力防止法に基づいて保護命令などにより対応することができます。

保護命令とは

被害者が、裁判所に申立てることにより、裁判所が加害者に対し以下のような保護命令を出します。
( 生命及び身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときに限られます)
  • 接近禁止命令:被害者の身辺、住居や職場など、付近を徘徊することが禁止されます。
  • 電話等禁止命令:被害者本人への電話・電子メール等が禁止されます。
  • 退去命令:一緒に住んでいた住居から加害者を一時退去させます。

特別定額給付金(仮称)のDV被害者への支援措置

パンフレット




ご覧になったホームページは、履歴として一時期保存されます。
どのようなホームページを閲覧したのか同じパソコンを共有している人にわかってしまう事があります。
プライバシー保持のためにも、閲覧後に履歴を消去する事をおすすめします。

お問い合せ・担当窓口

総務部 企画課 企画調整係