PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

悩んでいませんか?職場のセクシュアル・ハラスメント

勇気を出して、まず相談してください

北海道労働局では、平成19年度から雇用均等室にセクシュアルハラスメント相談員が配置されました。
現在、職場でのセクシュアル・ハラスメントで我慢したり、悩んだりしたりしていませんか?
もし、被害に遭われているかたは、匿名での電話でも受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

秘密厳守・無料

北海道労働局 雇用均等室
  • 電話番号:011-709-2715
  • 住所:札幌市北区北8条西2丁目1番1号 札幌第一合同庁舎3階
  • 受付時間:8時30分から17時15分
※相談員は非常勤のため月14日間勤務の9時から16時ですが、その他の時間は職員(男女)が対応していますので安心してご相談ください。

例として…

  • 職場で卑猥な冗談が飛び交い、不快に感じるのでやめてもらいたいが、誰に相談していいのか悩んでいる…
  • 職場でのセクハラを会社の担当者に相談したが、逆にトラブルメーカーにされ、退職を勧奨された…
  • 相談担当者が、内容を職場の人に話してしまったことで行為者が退職してしまい、自分も職場にいづらくなっている…

セクシュアル・ハラスメントとは…

不快な性的な言動を拒否、抵抗等をしたことにより、その労働者が解雇、降格、減給、労働契約の更新拒否、昇進・昇格の対象からの除外、客観的に見て不利益な配置転換等の不利益を受けることや、不快な性的な言動により労働者の就業環境が不快なものとなったため、仕事ができなくなったり、職場に行く気力がなくなったりといったその労働者が就業するうえで看過できない程度の支障が生じることをいいます。
「性的な言動」とは、男女関係にかかわる卑猥な話をしたり、卑猥な行いをすることをいいます。

性的な言動の例

性生活に関する事実関係を尋ねること、意図的に卑猥な内容の情報(噂)を流布すること、卑猥な冗談やからかい、性的な関係を目的に食事やデートへの執拗に誘うこと、個人的な性的体験談を話すこと、性的な関係を強要すること、身体へ必要なく接触すること、わいせつ図画(ヌードポスター等)を配布・掲示すること、強制わいせつ行為、強姦など

プライベートの場で職場の人からセクハラされた場合は…

職場の飲み会や職場の人と遊びに行った先でセクハラを受けるケースも多いと思いますが、そのような場合であっても、雇用機会均等法に基づき定められたセクシュアルハラスメント防止指針では、職場のセクハラ相談窓口は広く相談に対応するようにとしており、職場でなくても仕事上の立場を利用しての行為等であれば相談窓口に相談してみましょう。

性的な言動かどうか判断がつかない場合は…

「視線が嫌だ」「露出度の高い服装で目のやり場に困る」など性的な言動となるかどうかわからないような不快を感じた場合であっても、まず職場のセクハラ相談窓口に相談してみましょう。
職場に相談しにくい場合は、遠慮なく北海道労働局雇用均等室に相談してみましょう。

お問い合せ・担当窓口

北海道労働局 雇用均等室

  • 住所:札幌市北区北8条西2丁目1番1号 札幌第一合同庁舎3階
  • 電話番号:011-709-2715

名寄市労働相談所

名寄市でも中小企業における労働問題全般について労働相談を行なっています

  • 住所:名寄市大通南1丁目1 名寄庁舎3階 産業振興課内
  • 電話番号:01654-3-2111

総務部 企画課 企画調整係