星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

名寄市地域公共交通総合連携計画

「名寄市地域公共交通総合連携計画」を作成しましたので公表します。
この計画は、名寄市における地域公共交通の活性化を目標として「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に基づいて策定し、「名寄市地域公共交通活性化協議会」において承認されたものです。

計画の区域

北海道名寄市全域

基本方針

  • 市民・地域企業・交通事業者・行政が一体となった「育む公共交通」の仕組みづくりを実施します。
  • 市街地部では、市民の移動ニーズにあったバスを運行します。
  • 郊外部では「デマンド型交通」により、「地域の足」を確保します。
  • 戦略的なモビリティ・マネジメントの実施

計画の目標

  • 市民・地域企業・交通事業者・行政が一体となった連携体制の構築
  • 市民・地域企業・交通事業者・行政が一体となった連携による公共交通サービスの向上
  • 市内循環線の再編によるバスのサービスの改善と利用者の増加
  • 交通空白地域の解消
  • 公共交通に肯定的な市民意識の醸成と公共交通の利用者の増加

事業の概要

市民・地域企業・交通事業者・行政が一体となった「育む公共交通」の仕組みづくりプロジェクト

市民・企業等を対象等した説明会等を実施し、「育む公共交通」の周知を実施、また、協賛金などの収入源の確保に向けた取組みを行う一方、バス事業者等と連携しコスト縮減を図る。
(実施主体:名寄市、名士バス、市民等)

市街地部における市民の移動ニーズにあったバス運行プロジェクト

市内循環バスの再編
市内循環バス3路線について見直し、試験運行等により様々な路線、運行形態を検討し、最も市民ニーズを満たす路線やダイヤを設定する。
(実施主体:名寄市、名士バス)
名寄駅前ターミナルの整備・待合施設の建設
駅前に市内を運行する路線バス等を集中、バスターミナルの設置を図る。市内バス利用者の利便性の向上と待合施設整備に関する市民ニーズを満たす。また、駅前に人のにぎわい創りを促すと共に商店街の活性化施策とも連携する。
(実施主体:名寄市、名士バス、道北バス)
JRの乗継と市内バス路線の再編
市内10路線の路線及びダイヤを見直し、効率的な運行形態及び利便性の向上を図る。
(実施主体:名寄市、JR、名士バス、道北バス、士別軌道、ジェイ・アール北海道バス)

郊外部における「デマンド型交通」等により、「地域の足」を確保プロジェクト

デマンド型交通の導入
公共交通空白地域や公共交通不便地域については、住居が低密度に分散し、さらに、総需要量も高くないため、デマンド型交通を導入する。
(実施主体:名寄市、三浦自動車、名寄交通、川原観光、名士バス)
スクールバスとの連携・有効活用
名寄市のスクールバスは市内を網羅するように、現在5路線が運行しているが、一部路線では空席があることから、スクールバスとの連携やスクールバス車両の有効活用等を検討する。
(実施主体:名寄市、名寄市教育委員会)

戦略的なモビリティ・マネジメントの実施プロジェクト

市民意見を取り入れたバスマップの作成・提供
名寄駅前バスターミナルの整備・待合施設の建設に合わせて、分かりやすいバスマップを作成・提供する。
(実施主体:NPOまちづくり観光)
「バスの乗り方教室」の実施
市内小学校の児童等を対象として、「バスの乗り方教室」を毎年実施する。
(実施主体:名士バス、PTA、名寄市)
企画乗車券の発売や商店街との連携によるバス利用促進
バスを利用して買い物に来た利用客に対して、商店街の購入商品の割引等を実施することにより、買い物機会の拡大とバス利用機会の拡大を図る。
(実施主体:名寄市、名寄商工会議所、名士バス)
コミュニティFMを活用した公共交通案内の実施
コミュニティFMを活用し、公共交通に関する情報をリアルタイムで提供する。
(実施主体:名寄市、エフエムなよろ、名士バス)

計画の期間

平成23年度から平成26年度

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

総務部 企画課 企画調整係