PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

市長の挨拶

ようこそ「星・雪・きらめき 緑の里なよろ」のホームページへ

市長の写真
 名寄市は、北北海道の中央に位置し、天塩川と名寄川の恵みと豊かな自然にあふれた環境にあり、農業を基幹産業とする都市です。
 夏冬の寒暖差が60℃に及ぶ気象条件を有し、夏には、観賞用やひまわり油の栽培用ひまわりが市内各所で咲き誇ります。もち米の生産量は全国一を誇り、伊勢の銘菓「赤福」の原料に使用されています。アスパラやスイートコーン、かぼちゃ、薬用植物など、寒暖差を活かした名寄市ならではの質の高い農産品が自慢です。
 冬は、雪質日本一の名寄ピヤシリスキー場、ピヤシリシャンツェ、道立サンピラーパーク内のクロスカントリーコースや屋内カーリングホールがあり、冬季スポーツの合宿や大会の拠点として、全国から選手が集まります。
 また、日本最北の公立大学「名寄市立大学」は、「名寄女子短期大学」から数えて50年余りにわたり、保健・医療・福祉における専門知識を地域に貢献できる人材を養成しています。
 このほか、地方センター病院・地方救命救急センターの指定を受ける「名寄市立総合病院」、国内最大級の望遠鏡を有するなよろ市立天文台「きたすばる」など、医療福祉教育に資する重要な都市機能を有します。
 名寄市の特色であるこれらの自然環境と都市基盤にさらに磨きをかけ、北北海道の中核都市としての責任と役割を果たしていくとともに、市民主体のまちづくり、そして市民ひとりひとりが、我がまちを愛し、暮らし続けたいと感じるまちづくりを進めます。 
名寄市長 加藤 剛士

お問い合せ・担当窓口

総合政策部 総合政策課 秘書係