星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

退職所得にかかる個人住民税の計算方法が変わります

平成25年1月1日から退職所得にかかる個人住民税の計算方法が変わります。
※次の文章では数式記号を使用しています。

従来の計算方法

退職所得の金額[(収入金額-所得控除額※)×2分の1]×税率[市民税6%道民税4%]=税額[市民税額(A)、道民税額(B)]
税額[市民税額(A)、道民税額(B)]-控除額[(A)×10%=(C)、(B)×10%=(D)]=特別徴収する税額[市民税額(A)-(C)、道民税額(B)-(D)]

改正後の計算方法

10%税額控除が廃止されます。
退職所得の金額[(収入金額-所得控除額※)×2分の1]×税率[市民税6%,道民税4%]=特別徴収する税額[市民税額(A)、道民税額(B)]

退職所得控除額の計算

  • 勤続年数が20年以下の場合…40万円×勤続年数(80万円に満たない場合は、80万円)
  • 勤続年数が20年を超える場合…800万円+70万円×(勤続年数-20年)
なお、在職中に障害者に該当することとなったことにより退職した場合には、上記の金額に100万円を加算した金額が控除されることになります。

お問い合せ・担当窓口

市民部 税務課 市民税係