星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2014年
  4. 2014年11月6日 市立病院の健康づくり市民公開講座

2014年11月6日 市立病院の健康づくり市民公開講座

名寄市立総合病院が主催し、市立病院の健康づくり第63回「市民公開講座」が市内ホテルで行われました。
講師に同病院耳鼻咽喉科診療部長の齋藤滋氏を招き「『バセドウ病、橋本病・・・ひょっとしてあなたも』−甲状腺の病気について−」をテーマに講演。
甲状腺とは、身体の新陳代謝をつかさどる甲状腺ホルモンを出すところで、ホルモンが足りないと、寒がり、疲れやすいなどの症状がでる。バセドー病は、甲状腺を異物とみなし生じた自己抗体が、甲状腺を刺激し、ホルモンが必要以上に産生される病気。橋本病は、甲状腺を異物とみなし生じた自己抗体が、甲状腺を破壊し、甲状腺機能が低下する病気と説明し、それぞれの病気の検査方法や治療法を解説しました。
訪れた市民は「甲状腺の病気で薬を飲んでいるが、最近、足が不自由になってきた。甲状腺と関係がありますか」などと積極的に質問をしていました。 

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。