星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2020年
  4. 2020年7月13日 シラカバ樹液が入った飴を受贈

2020年7月13日 シラカバ樹液が入った飴を受贈

名寄庁舎3階応接室で、株式会社養生堂企画様から、市内幼稚園や小中学校の子どもたちと先生方に除菌・抗菌作用のある飴が寄贈されました。
今回寄贈された飴は、市の木でもある『シラカバ』の樹液をふんだんに使って作られた飴で一人一袋提供されます。
樹液の効能として、主に虫歯予防として有名な甘味料のキシリトールに加工され、また角質層に潤いを与える化粧品など数多くの用途に使用できる万能なものです。
寄贈社の菊池茂利代表取締役社長は「名寄市の白樺樹液を使用した飴で名寄市の児童たちのため何かできれば」と思い、今回の寄贈に至ったとのこと。
加藤名寄市長は「貴重な飴を寄贈していただきありがとうございます」と感謝を述べました。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。