星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2021年
  4. 2021年12月1日 名寄協会JCが日本ジュニアカーリング選手権大会準優勝報告会

2021年12月1日 名寄協会JCが日本ジュニアカーリング選手権大会準優勝報告会

市役所名寄庁舎に名寄協会JCの選手たちが訪問し、11月16日から21日まで札幌で行われた第30回日本ジュニアカーリング選手権大会に出場し準優勝という成績を収めた旨を加藤市長に報告しました。
名寄協会JCは、三浦由唯菜選手(名寄高校2年)、松永愛唯選手(旭川西高校2年)、佐久間優名選手(名寄高校2年)、高橋佑奈選手(下川商業高校3年)からなるチーム。
大会では、予選を5勝2負の好成績で突破。決勝トーナメントでは予選で負けてしまったチームと当たりつつも、チーム力の差で決勝戦まで駒を進め、決勝の舞台では延長戦にもつれ込むシーソーゲームの中、あと一歩及ばず負けてしまいましたが、準優勝という輝かしい結果を残しました。
報告会では、加藤市長が選手たちに「日本で通用する素晴らしい成績を収められて素晴らしいです」と激励を送り、選手たちは「優勝を目標にしていたが一歩届かず悔しい」「この結果に恥じないよう今後も結果を残すようがんばります」「準優勝という結果が自分の自信に繋がった」と本大会での感想を述べました。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。