星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


旧風連町の歴史 明治・大正

明治・開拓の炎を燃やす

明治41年頃撮影の写真
明治41年頃の日進5線付近
明治30年、風連の地名は増毛支庁天塩村戸長役場のもと多寄村とされました。
明治31年、それまでは、アイヌの人たちが丸木船で天塩川を行き来するだけの人跡未踏の地に、山梨県人と伝えられる3人の男が足を踏み入れ、天塩川のほとり32線付近に茅屋(ぼうおく)を建て、付近の開墾を始めました。この人々が多寄村開拓の先駆けとされています。
明治32年、多寄村は上川支庁の所管となり、剣淵、士別、多寄、上名寄を合わせた剣淵外3カ村戸長役場が剣淵村に置かれました。
この春、道庁技師の一行によって、タヨロマ・フーレベツ南榎野植民地の区画測量が行われ、測量隊の一員、清水長次郎が測量後も残り、渡舟業を営み20線付近に笹小屋を建て定住しました。この年が風連町の開基とされました。
翌33年、タヨロマ原野の区画地の貸し付けが始まると、本州府県からの開拓移民が個人や団体で入植し、本格的な開墾が始まりました。
年表(明治)
年次(西暦) 主要事項
寛政10年(1798年) 幕史三播藤右衛門ら宗谷探検の帰路、天塩川を下り石狩に出る。
安政4年(1857年) 箱館奉行所雇吏松浦武四郎が天塩川をさかのぼり天塩国上川郡を探検。
明治2年(1869年) 北海道開拓使庁設置。この地方は天塩国上川郡となる。

多寄村時代

年表(明治)
年次(西暦) 主要事項
明治30年(1897年) 増毛支庁天塩村戸長役場のもと「多寄村」と公示。
明治31年(1898年) 山梨県人と伝えられる渡辺元吉など3人が、天塩川のほとり32線付近を開墾。
明治32年(1899年) 天塩国上川郡は上川支庁、多寄村は剣淵外3ヵ村戸長役場の管轄に入る。タヨロマ原野、フーレベツ原野の区画設定で来ていた道庁測量隊の清水長次郎が、20線付近に笹小屋を建て川舟で渡船業をしてこの地に定住。本町の開基年となる。
明治33年(1900年) 約10数戸入地。20線の天塩川付近に駅逓開設。これを中心に船着場、店屋、病院など10数戸の集落を形成。本格的開拓始まる。
明治34年(1901年) 小島政吉水稲を試作。団体移住相次ぐ。
明治35年(1902年) 上名寄外2ヵ村戸長役場の管轄に入る。今川良策が自宅で児童教育を始めた。
明治36年(1903年) 簡易教育所設置。鉄道が開通し風連駅開業。風連神社建立。
明治42年(1909年) 2級町村制が施行され多寄村として独立。風連市街地に役場庁舎完成。初の村会議員選挙実施。世帯数1,055戸、人口6,119人。
大正へつづく…

大正・生活の知恵を灯す

大正2年頃撮影の写真
大正2年頃の農家
第1次世界大戦が勃発し、世相的には暗く重苦しい時代となりました。しかし、その半面、戦争が好景気を生む結果ともなりました。
開拓農民の生活は徐々に変わり、従来の畑作から水田に変わり始め、食生活の主食は雑穀から白米となりました。
住宅は開拓当時の掘っ建て小屋から木造家屋に建て替えられました。
それまで、菜種油を使ったランプで明かりをとっていましたが、大正7年、近藤豊吉などの奔走によって天塩水電株式会社が創設され、風連市街に初めて電灯がともりました。また、同10年には、市街地に電話による通話が開始されました。
年表(大正)
年次(西暦) 主要事項
大正7年(1918年) 天塩水電株式会社設立、市街地に初めて電灯がともる。
昭和へつづく…

お問い合せ・担当窓口

市民部 地域住民課 総務・税務係

  • 住所:郵便番号098-0507 北海道名寄市風連町西町196番地1
  • 電話番号:01655-3-2511
  • ファクシミリ:01655-3-2510
  • メール:nayoro@city.nayoro.lg.jp