星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 名寄市保健センター
  4. 保健センターからのお知らせ
  5. マダニが媒介する感染症について

マダニが媒介する感染症について

道内でマダニによる感染症(ダニ媒介脳炎)の発症が確認されています。
なお、道北地域においても、ダニ媒介脳炎の抗体を持った野生動物が捕獲されていますので、野生動物には接触しないようにしましょう。また、山や草むら、藪などに入る場合は、マダニに咬まれないよう予防するとともに、咬まれた場合には、医療機関で除去してもらいましょう。

予防について

長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴(サンダルは避ける)、帽子、手袋、首にタオルを巻くなど、肌の露出を避けましょう。野外活動後は、すぐに入浴しマダニに咬まれていないか確認しましょう。

マダニに咬まれたら

マダニは体部をつまんで引っ張ると口器がちぎれて皮膚内に残って化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまう恐れがありますので、医療機関(皮膚科など)でマダニの除去、洗浄などの処置をしてもらいましょう。
また、マダニに咬まれた後、数週間は体調の変化に注意して、発熱、食欲低下、おう吐、下痢などの症状が認められた場合は医療機関(内科など)で診察を受けて、医師に咬まれた時の状況を伝えましょう。

お問い合せ・担当窓口

参考(国立感染症研究所ホームページ)

名寄市保健センター

  • 住所:郵便番号096-0032 北海道名寄市西2条北5丁目
  • 電話番号:01654-2-1486
  • ファクシミリ:01654-2-7267
  • メール:ny-hokencen@city.nayoro.lg.jp