星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 総務部 企画課
  4. 企画調整係
  5. パブリック・コメント実施状況
  6. 「平成23年度 名寄市営住宅管理条例の一部改正(案)」パブリック・コメント実施結果

「平成23年度 名寄市営住宅管理条例の一部改正(案)」パブリック・コメント実施結果

「名寄市営住宅管理条例の一部改正(案)」に対するご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
皆様から寄せられたご意見について検討した結果、素案の修正は行わず原案どおりとして策定することとしました。

パブリック・コメント手続の実施結果

案件名

名寄市営住宅管理条例の一部改正(案)

意見等の募集期間

平成23年12月26日から平成24年1月24日 〔30日間〕

結果の公表方法

指定場所での閲覧、市のホームページ

意見等の提出者数・提出件数

  • 提出者 1人
  • 提出件数 1件
【内訳】 書面提出 1件

意見等の処理

案の修正箇所なし

意見の概要と市の考え方について

市民等の意見の概要

市の基本的な考え方の説明文中にある「同居親族の有無や人数の多寡」は、「その世帯の困窮度」に連動するという考え方の根拠は何か。
また、前段にある「その世帯の困窮度」は経済的な生活困窮度と解釈され、「同居親族の有無や人数の多寡」が住宅探しなど住宅確保に困窮する高齢者や障がい者への入居機会を狭める直接の理由にはならないのではないか。

意見に対する名寄市の考え方

公営住宅は、住宅に困窮する低所得に対して低廉な家賃で賃貸し、社会福祉の増進に寄与することを目的としています。
市の基本的な考えで示しております「世帯の困窮度」とは、世帯の所得を基にして考えており所得は同居親族の有無や人数の多寡により増減することから、「同居親族の有無や人数の多寡」はその世帯の困窮度に連動するものと考えております。
また、高齢者や障がい者等は、住宅困窮ばかりではなく経済的困窮度も高いとの考えから、同居者要件を撤廃した場合、真に住宅に困窮しているかたの入居機会が狭まると判断し、同居親族要件を継続することとしております。

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

建設水道部 建築課 公営住宅係

  • メール:nayoro@city.nayoro.lg.jp
  • 名寄庁舎
    • 住所:郵便番号096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
    • 電話番号:01654-3-2111(内線3353・3354)
  • 風連庁舎
    • 住所:郵便番号098-0507 北海道名寄市風連町西町196番地1
    • 電話番号:01655-3-2511(内線2212)

総務部 企画課 企画調整係

  • 住所:郵便番号096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
  • 電話番号:01654-3-2111
  • ファクシミリ:01654-2-5644
  • メール:ny-kikaku@city.nayoro.lg.jp