星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 北国博物館
  4. 行事案内
  5. 企画展「名寄と文学」

企画展「名寄と文学」

「名寄と文学」展示会場1

名寄が舞台となった文学作品、名寄と縁のあった文人、地域の文学活動の歩みを紹介します。大正期から平成期までの名寄の文芸団体、文芸誌の動向を振り返り、博物館所蔵の文芸誌など約180点を展示しています。一部、市立名寄図書館などの所蔵本を含み、博物館隣接の名寄公園など、地域にある文学碑も紹介しています。会期中の10月17日(水曜日) には関連講演会を開きます。

北国博物館企画展「名寄と文学~この地に言葉をつむいだ人々~」

日時、場所
日時

から まで

場所

名寄市北国博物館ギャラリーホール

参加料
観覧無料

企画展「名寄と文学~この地にことばをつむいだ人々~」

1.名寄と文学の出会い
  徳富蘆花の書いた名寄/三浦綾子の「塩狩峠」と名寄/知里幸恵と名寄
2.文芸誌発行の始まり
  「赤い花」と田中長三郎/「天塩路」「瞬く星」「大空」
3.集産党事件の前後
  名寄新芸術家協会と「閃尖」/集産党事件/今野大力と名寄
4.昭和戦前の名寄文壇
  「高台」と小池栄寿/海基富衛の小説出版/俳壇創設から戦前の動向/「水松」から「名寄翼賛短歌会へ」/野口雨情の来名と歌碑
5.戦後の文芸活動
  詩誌「青芽」と富田正一/お母さんたちの詩集「環」/戦後の創作活動/戦後の創作活動

「名寄と文学」の展示会場

  • 「名寄と文学」展示会場5
  • 「名寄と文学」展示会場2
  • 「名寄と文学」会場3
  • 「名寄と文学」会場3
  • 「名寄と文学」会場5

お問い合せ・担当窓口

北国博物館

  • 住所:郵便番号096-0063 北海道名寄市字緑丘222
  • 電話番号:01654-3-2575
  • ファクシミリ:01654-3-2575
  • メール:ny-kitahaku@city.nayoro.lg.jp