星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. なよろ市立天文台きたすばる
  4. なよろ市立天文台「きたすばる」観望会情報
  5. きたすばる「七夕観望会」 ※終了しました。

きたすばる「七夕観望会」 ※終了しました。

七夕観望会

日時、場所
日時

から まで

各日 20時00分から21時30分

ただし7月4日(月曜日)は休館日のため除く

場所

なよろ市立天文台 屋上観測室

申込み
事前申し込み必須(現在の天文台の通常予約に準じます。詳しくは天文台webサイトをご覧ください)
申し込み方法:天文台開館日(13時から20時まで)に、お電話(01654-2-3956)にてお申し込みください。
参加料
観覧料のみ
  • 大人(一般) 410円
  • 学生 310円
  • 65歳以上 200円
  • 高校生以下 無料
備考
  • ご来場の際はマスクを必ず着用してお越しください。
  • 予約制となりますので、必ず申し込みを行ってください。
  • 夜は肌寒いです。暖かい服装でご参加ください。
  • 会場内の遊技などの利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • 会場内の車などに関わるトラブルは、自己責任となります。

観望会概要

天の川の写真 天の川

七夕にまつわる星を中心に夏の夜空を観望します。今年の観望会期間前半(6月30日から7月3日)は、月明かりの影響がほとんどなく、淡く輝く星雲・星団なども楽しめます。天の川が見えてくるのは、観望会が終わりに差し掛かる頃(21時頃から)となります。観望会期間後半(7月5日から7月7日)は、月明かりの影響で天の川は見づらくなりますが、半月状の月と共に伝統的七夕(※注1)さながらの雰囲気の中、観望会を楽しめます。

注1:太陽太陰暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」として、国立天文台が2001年から広く報じています。現在の暦では、今年の「伝統的七夕」の日は8月4日です。伝統的七夕の日は半月状の月を南西の空に見ることができます。

昨年(2021年)の短冊の飾り付けの様子 昨年(2021年)の短冊の飾り付けの様子
名寄市と近隣市町村の幼稚園児・保育園児の願い事が書かれた短冊は、観望会期間終了後の7月9日(土曜日)、10日(日曜日)の日中に、天文台駐車場に飾る予定です。 (強風や悪天候の場合は館内のレクチャールームに飾ります。)

お問い合せ・担当窓口

なよろ市立天文台きたすばる

【休館日】
 毎週月曜日
 祝日の翌日(日曜日および土曜日を除く)
 毎月最終火曜日(7月・8月・12月及び3月を除く)
 年末年始(12月30日から1月6日)
【開館時間】
 夏時間(4月から10月) 13時00分から21時30分
 冬時間(11月から12月、1月から3月) 13時00分から20時00分

  • 住所:郵便番号096-0066 北海道名寄市字日進157番地1
  • 電話番号:01654-2-3956
  • ファクシミリ:01654-2-0267
  • メール:kitasubaru@nayoro-star.jp