星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

社会資本総合整備計画「北海道(第4期)地域住宅計画(第3回変更)」

社会資本整備総合交付金

活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった分野の政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に整備するものです。

社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする場合は、原則、基幹事業の分野ごとに社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。また、社会資本総合整備計画を作成したときは、公表することとなっています。
名寄市の事業については、北海道の地域住宅計画の中で定められており、社会資本総合整備計画「北海道(第4期)地域住宅計画」が国土交通大臣に提出されています。

地域住宅計画

地域住宅計画は、平成17年8月に制定された「地域における多様な需要に応じた公的賃貸住宅等の整備等に関する特別措置法」に基づき、従来の公営住宅整備等に係る補助金に代わり創設された地域住宅交付金の活用を図るために作成するものです。
名寄市では、北斗・新北斗団地の建替事業に地域住宅交付金を活用するため、地域住宅計画を平成17年に作成しました。また、地域住宅計画に基づく事業については、計画に定められた目標が達成されたかどうかを事後評価し公表することとされています。
地域住宅計画は、平成17年8月に制定された「地域における多様な需要に応じた公的賃貸住宅等の整備等に関する特別措置法」に基づき、従来の公営住宅整備等に係る補助金に代わり創設された地域住宅交付金の活用を図るために作成するものです。
名寄市では、北斗・新北斗団地の建替事業に地域住宅交付金を活用するため、地域住宅計画を平成17年に作成しました。また、地域住宅計画に基づく事業については、計画に定められた目標が達成されたかどうかを事後評価し公表することとされています。
平成18年度以降の地域住宅交付金を活用する事業につきましては、北海道及び北海道内市町村の事業を、北海道が作成する地域住宅計画に一本化することとなりました。
地域住宅計画の名称:北海道(第1期)、北海道(第2期)、北海道(第3期)、北海道(第4期)
名寄市における今後の事業につきましても、この計画に基づき実施されます。北海道(第4期)計画は、北海道建設部住宅局住宅課のホームページにて公表されています。

リンク

お問い合せ・担当窓口

建設水道部 建築課