星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

名寄市郷土資料報告

名寄市郷土資料報告の写真
「名寄市郷土資料報告」は名寄市北国博物館がオープンする前にあった市立名寄図書館・郷土資料室時代に発刊された名寄とその周辺地域に関する自然、歴史、文化などの調査研究の記録や、事業活動の成果を報告したものです。



第1集 1986年3月31日発行

  • 郷土資料室に期待する:福岡孝
  • 名寄の鳥類とその生息環境:名寄野鳥の会
  • 名寄公園と動物:梅津良知
  • 名寄を知る「鉄道建設と名寄市の発展」名寄工業高校郷土研究部
  • 樺太の引き揚げてきた女たちの半生(その1)名寄女性史のつどい
  • 大正期・中名寄開拓ノート:松本静馬
  • 解説『天塩川沿岸状況調査復命書』動植物編:長谷川功
  • 施設・活動報告
    • 1.収蔵資料概要
    • 2.教育、普及活動
    • 3.協力団体の活動
    • 4.施設概要、郷土の文化のこよみ84年から85年

第2集 1987年3月31日発行

  • 開原寺ウネウサラ開講記:長谷川国雄
  • 健康に役立つ薬草について:本間尚冶郎
  • 聴き書き、智恵文古老談話:山家忠志
  • 樺太を引き揚げてきた女たちの半生(その2)名寄女性史のつどい
  • 名寄盆地周辺の露頭〔1〕:福岡孝
  • 施設報告、活動報告、郷土文化のこよみ85年から86年、郷土資料目録

第3集 1988年3月31日発行

  • 名寄市行政区界縦走記、我が郷土をシュプールで結ぶ会
  • 名寄盆地の生い立ちをさぐる(その1):岡孝雄
  • 名寄の自然保護・環境保全を考える
  • 開拓期の風呂考:松本静馬
  • 名寄盆地周辺の露頭(2):福岡孝
  • 樺太を引き揚げてきた女たちの半生(その3)名寄女性史のつどい
  • 〈史料紹介〉『砺波ヶ丘緑起』:長谷川功
  • 施設報告、活動報告、郷土のこよみ86年から87年、郷土資料目録 

第4集 1989年3月31日発行

  •  智恵文沼のヒブナ固体変化調査 北海道下川商業高等学校理科研究部
  • 名寄のバードテーブル事情:黒田弘章
  • 『名寄婦人慈善記録』と天塩基督教婦人会の『記録』:岸伸子
  • 杣夫思考:松本静馬
  • 天塩岳の植物、国立衛生試験場、北海道薬用植物栽培試験場
  • 日進33遺跡の出土の黒曜石遺物の原産地分析:藁科哲男、東村武信
  • サハリンの遺跡紹介:氏江敏文
  • 〈資料紹介〉名寄市智東2遺跡の土器:氏江敏文
  • 〈史料紹介〉片岡侍従一行の天塩川体験:鈴木力
  • 施設報告、活動報告、郷土の文化ごよみ87年から88年

第5集 1990年3月31日発行

  • エゾリスの観察から:大河原誠
  • 名寄市内の校章・校歌:佐々木雅博
  • 樺太を引き揚げてきた女たちの半生(その4)
  • ピヤシリ岳の植物:畠山好雄
  • 名寄の装蹄師について:鈴木邦輝
  • 〈史料紹介〉補追・名寄の碑:鈴木力
  • 施設報告/活動報告

第6集 1991年3月31日発行

  •  名寄市智恵文沼のヒブナについて:針生勤、倉常夫
  • 『砂白金王』島田親子:島田要一
  • 私と細氷現象:近藤敏治
  • 北部北海道ピヤシリ溶岩のK-Ar年代
  • 樺太を引き揚げてきた女たちの半生(その5)
  • 名寄市内の校章・校歌:佐々木雅博
  • 施設報告、活動報告

第7集 1992年3月31日発行

  •  道北先史研究会とその人々:杉浦重信
  • どうしてそこに山があるのか:後藤芳彦
  • 林相別林床土水分と雨量の関係について:北海道下川商業高校理科研究部
  • 名寄市内の校章・校歌:佐々木雅博
  • 樺太を引き揚げてきた女たちの半生(その6):山家直子
  • 近藤重蔵『天塩川川筋図』についてのメモ:鈴木邦輝
  • 〈史料紹介〉 補追2・名寄の碑:鈴木力
  • 〈史料紹介〉『名寄風俗80年』:名寄子供を守る会
  • 施設・活動報告

第8集 1993年3月31日発行

  •  一枚の写真が語る田辺服装塾頂末記:藤田明郎
  • フィールドガイド、名寄で野鳥:黒田弘章
  • 名寄教育史料:佐々木 雅博
  • 〈史料紹介〉
    • 名寄名寄名寄開拓のはなし:名寄市郷土資料室
    • 名寄本線を見つめて70年:松本静馬
    • 開拓後の名寄太:名寄市史編さん準備室
  • 施設、活動報告
  • 市史編集資料目録:名寄市史編さん準備室

第9集 1994年3月31日発行

  • 函岳の植物:三浦忠一、飯田修、鈴木力、鈴木邦輝
  • 名寄教育史年表:佐々木雅博
  • 〈資料・史料紹介〉
    • 雷神宮の腰刀について:氏江敏文
    • 北風家の土地下付願:鈴木邦輝、鈴木力、吉田清人
  • 施設報告、活動報告 

第10集 1995年3月31日発行

  • 「一枚の写真」、581人の「あの時」:宗片清美
  • 「北極圏センター」について:鈴木邦輝
  • 『松前地並西蝦夷地明細記』における天塩川流域について:今井真司、鈴木邦輝
  • 〈史料紹介〉 
  • 終戦に伴ふ措置に関する通牒と名寄、智恵文青年学校:佐々木雅博
  • 施設報告、活動報告

価格

 1冊:500円(B5版、約40から100ページ)

販売方法

  1. 名寄市北国博物館窓口に直接お来しいただく
  2. 現金書留又は郵便為替にて前払いの上、発送
※送料はこちらで負担いたします。

お問い合せ・担当窓口

北国博物館