PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

多面的機能支払制度について

 名寄市では、多面的機能支払制度による農地法面の草刈り、水路の泥上げ、農道の路面維持等の「基礎的保全活動」、農道・水路の軽微な補修や水田からの排水にかかる水質保全等の「地域資源の質的向上を図る共同活動」及び農道・水路の補修・更新をおこなう「施設の長寿命化のための活動」を支援しています。

多面的機能支払制度

 国内の農業用水等の資源は、地域ぐるみの活動により管理されていましたが、過疎化や高齢化の進行により適切な保全活動が難しくなっています。自然環境や景観保全といった農業・農村が持つ機能を維持向上させるために、地域が主体となった活動が重要です。
 こうした観点から、農業者や地域の関係者から構成される広域協定組織では、国・北海道・名寄市の支援を受けて、共同取組による地域資源や農村環境の保全管理活動を実施しています。

名寄市における交付金(令和3年度)


 
対象面積(a) 農地維持支払      資源向上支払         
 (共同活動)
資源向上支払(増進) 資源向上支払(施設の長寿命化)
交付単価(円/10a) 交付金額(円) 交付単価(円/10a) 交付金額(円) 交付単価(円/10a) 交付金額(円) 交付金額(円)
369,885 2,300 85,073,550 1,440 53,263,440 240 8,877,240 5,300,000
312,113 1,000 31,211,300 360 11,236,068 60 1,872,678
草地 127,650 130 1,659,450 90 1,148,850 15 191,473
合計 809,648   117,944,300   65,648,358   10,941,391 5,300,000
(注釈)農地・水保全管理支払の5年以上継続地区については、従来の農地・水保全管理支払と同様75%単価が適用されます。(表は適用後の単価)
(注釈)「多面的機能の増進を図る活動」に取り組まない場合は5/6の単価となります。  

お問い合せ・担当窓口

経済部 農務課 農村振興係