星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

指定緊急避難場所・指定避難所について

国による想定最大規模の降雨による浸水想定などにより、一部の避難所について修正等を行いましたのでお知らせします。
指定にあたっては、国の基準に基づいておこなっていますが、河川の氾濫による浸水が起きた場合、または起きるおそれのある場合は、浸水のないエリアへの避難が基本になります。
河川の氾濫時は、早めの避難を心がけ、市からの情報にも注意してください。


指定緊急避難場所・指定避難所について

指定緊急避難場所

災害が発生し、または発生するおそれがある場合にその危険から逃れるための一時的な避難場所として、洪水や土砂災害など、異常な現象ごとに安全性等の一定の基準を満たす施設または場所をいいます。

指定避難所

災害の危険性があり避難した市民の方々が災害の危険性がなくなるまでの必要な間滞在する、または災害により家に戻れなくなった被災者が一定期間生活する施設をいいます。

指定緊急避難場所・指定避難所の一覧

公園や学校のグラウンドなど屋外の避難場所については冬期間(積雪期)を除きます。

「避難」について

災害が発生し、または発生するおそれがある場合において、避難に関する情報が発せられたときは、すみやかに「命を守る行動」を取りましょう。 

避難情報の伝達手段

避難情報は、次の手段で伝達されることになっています。
Lアラート
  • 緊急速報メールによる伝達(名寄市内でau、ドコモ、ソフトバンクの携帯電話等を所有する方)
  • 放送による伝達(テレビ及びラジオ。特に災害発生のおそれがあるときは、テレビのデータ放送「dボタン」が有効です。)
  • スマートフォン(市の避難情報(Lアラート)と連携しているアプリ)
その他
  • 広報車、消防車等による伝達(対象地区に対し伝達します。窓を閉めていると聞こえないときもありますので、周辺の様子をよく確認しましよう。)
  • エフエムなよろ(Airてっし)の放送による伝達
  • インターネットによる伝達(市ホームページ、市facebook)
  • サイレン(水防信号)による伝達
  • 市の登録制メールによる伝達

避難に関する情報の種類

避難に関する情報が出ていない場合でも、危険が予想されるときは、すみやかに安全な場所に移りましょう。
避難準備・高齢者等避難開始
【避難勧告や避難指示(緊急)の発令が予想される場合】
高齢者や乳幼児、障害のある方など、避難に時間を要する方は避難を開始しましょう。
避難勧告
【災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高待った場合】
お互いに助け合って、指定された避難所に速やかに避難しましょう。
避難指示(緊急)
【災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合】
指定された避難所に直ちに避難しましょう。外に出ることによって危険と判断される場合には、2階以上へ避難しましょう。

避難の考え方

立ち退き避難
河川の洪水により浸水が起きたときは、浸水の無い場所へ避難します。
垂直避難
避難勧告が発令された時点で、既に大雨となっていて立ち退き避難が困難だと判断される場合などは、2屋内でも2階以上の場所に避難します。
動かない
避難勧告等が発令された後、逃げ遅れて、激しい雨が継続するなどして、予め決めておいた避難場所まで移動することが危険だと判断されるような場合は、近隣のより安全な場所や建物へ移動したり、それさえ危険な場合は、屋内にとどまることも考えます。

お問い合せ・担当窓口

総務部 防災担当