PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

子どもの予防接種

赤ちゃんが生まれながらにして持つ抵抗力(免疫)は成長と共に失われていくため、免疫をつくり病気を予防しなければなりません。これに役立つのが予防接種です。お子さんが病気にかかりにくくなるだけでなく、他の人にもうつさない、流行させないためにも、予防接種は大切です。

予防接種の対象者と種類

 
予防接種名(ワクチン)  回数 対象年齢 料金 接種場所
定期接種
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生ワクチン
 
 
BCG  1回 生後直後~12か月未満(生後5~8か月)
※7か月児健診と同日に実施




















す 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保健
センター 
麻しん風しん   2回 第1期:生後12~24か月未満
第2期:小学校就学前の1年間








水痘(水ぼうそう)   2回 生後12~36か月未満
(6~12か月の間隔をあけて) 
不活化 
ワクチン 
 
 
 
 
 
ヒブ   4回  生後2~60か月未満
(初回1~3回:生後2~7か月未満に接種開始)
小児の肺炎球菌   4回 生後2~60か月未満
(初回1~3回:生後2~7か月未満に接種開始) 
B型肝炎   3回 生後2~12か月未満 
4種混合   4回  生後3~90か月未満
(初回1~3回:生後3~12か月未満に接種開始)
2種混合   1回  11~13歳未満(小学6年生)
日本脳炎   4回 第1期:生後6~90か月未満
(初回1~2回:3~4歳未満、追加1回:4~5歳未満)
第2期1回9~13歳未満(9歳に接種)
特別経過措置があります。
詳しくはホームページ内「日本脳炎予防接種の実施について」をご覧ください。
子宮頸がん   3回 ※詳しくはホームページ内「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」をご覧ください。 
任意接種  
 生
ロタウイルス ロタリックス  2回 生後6~24週0日   

料 
 
 
ロタテック  3回 生後6~32週0日 
 不活化 おたふくかぜ   1回 生後12か月以上 
インフルエンザ   2回 生後6か月以上(1シーズンに2回接種)
・生後6~13歳未満:2回
・13歳以上:1回 

 

予防接種の注意事項

  • 名寄市ではこんにちは赤ちゃん訪問の時に予防接種の予診票と副読本「予防接種と子どもの健康」を渡していますが、副読本は必ずお読みください。また、予防接種の必要性や副反応、予防接種健康被害救済制度についてよく理解してから受けてください。接種前に確認させていただきます。
  • 接種する子どもの状態をよく知っている保護者のかたが連れて行きましょう。
  • 接種はお子さんの体調の良いときに受けましょう。体調がいつもと違う場合は、無理せず、特に熱がある場合(37度5分以上)は受けることができません。 
  • 接種後30分間は、会場でお子さんのようすに変わりがないか確認してください。
  • 接種後、生ワクチンは2週間から3週間、不活化ワクチンは24時間は副反応の出現に注意しましょう。心配なときは、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。
  • 定期予防接種は、対象年齢に該当するかたは無料で受けることができますが、対象年齢を過ぎると有料となります。できるだけ早めに(望ましい接種期間)受けることをおすすめします。

里帰り先で接種を希望されるかたへ

名寄市に住民登録があり、長期里帰り(概ね3~4ヶ月以上)等特別な事情により市外で予防接種を希望されるかたは、名寄市から依頼書を発行します。事前に保健センターまでご連絡ください。接種料金は償還払いです。里帰り先で一旦支払いし、後日、請求手続きにより費用(上限あり)が戻ります。

転出されるかたへ

予防接種の対象者は、名寄市に住民登録があるかたです。
転出届を他市町村に提出した場合は、その時点で転出先の住民となり、名寄市から発行されている予診票は使えません。必ず、転出先の保健センター等に問い合わせをして、新しい予診票の交付を受け、接種医療機関を確認したうえで接種してください。

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター