PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

予防接種健康被害救済制度

子宮頸がんワクチンについては、平成25年4月から定期接種として接種が行われておりましたが、全国的にワクチンの因果関係を否定できない持続的な痛みが発生することが報告され、本年6月14日付けで積極的勧奨が差し控えられております。
予防接種による健康被害は極めて稀ですが、不可避的に生ずるもので、予防接種と健康被害との因果関係が認定されたかたを迅速に救済するために、予防接種健康被害救済制度があります。
内容については、下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。
不明な点や接種後の体調等心配なことがありましたら、下記まで問い合わせください。

関連情報

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター