星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

下水道施設をご利用頂くために

あなたの地区に下水道が整備されたら

多額の費用をかけて下水道が整備されても、みなさんの利用がなければ、全く価値のないものになり、いつまでたっても生活環境は改善されません。汚水処理ができる区域内のすべての建物の持主が、排水設備の工事を行なって、はじめて公共下水道の効果が十分に発揮することができるのです。このため公共下水道が整備されますと法令により接続、改造しなければならない期間を次のように定めています。
  • くみ取り便所は、公示の日から3年以内に水洗トイレに改造しなければなりません。(下水道法第11条の3)
      ※公示の日とは、市が下水道の使用できる「処理区域」と「処理開始」を公示した日です。
  • 浄化槽についても「処理区域」になりますと、浄化槽を廃止して排水設備を直接下水道へ流さなければなりません。(下水道法第10条)
浄化槽は適正に管理しなければ、悪臭を放ち、周辺環境を悪化させる原因となりますし、管理費もかかりますので、浄化槽を廃止して公共下水道へ接続するようにしてください。

排水設備とは

排水設備のイメージ画像
排水設備とは、家庭の台所、風呂、洗面所、水洗トイレなどの汚水を下水道に流すための施設です。
その内容は配水管、掃除口、トラップで構成されており、個人の負担で設置し、維持管理もそれぞれおこなっていただくものです。

水洗トイレ(排水設備)工事のすすめかた

トイレの水洗化など排水設備工事は、責任と適正な工事の施工を確保するため、市が指定した工事店以外では施工することができません。
工事の申込みは、工事指定店に直接連絡しますと業者がお宅にうかがい、工事の確認申請および改造資金の貸付申請などの手続きも代行いたします。
市では、工事の確認申請が適正か審査して工事の許可をしたり、また、工事完了届出により完了検査をして検査済証を交付いたします。
みなさんもご家族でよく検討したうえで、工事指定店と工事の内容や費用などを十分に打合せを行い納得のうえ施行しましょう。
※工事指定店については、「名寄市指定排水設備工事事業者一覧」でご確認ください。

水洗トイレ改造資金の貸付制度

この制度は、清潔で快適な生活をおくるために一日も早く下水道を利用していただかなければなりません。しかし水洗トレイに改造する計画があっても資金が問題というかたのために改造資金をお貸しする制度です。
貸付を希望されるかたは、改造工事を依頼する際に工事指定店へ気軽にお申し込みください。工事指定店が貸付申請手続を代行いたします。

貸付を受けることができる人

水洗トイレの改造工事を申し込まれたかたで次の条件が備っているときは、改造資金の貸付が受けられます。
  1. 改造する住宅の所有者又は、使用者(所有者の同意を得た場合に限る)であること。
  2. 自己資金のみでは、工事費を一時に負担することが困難であること。
  3. 独立の生計を営む者で貸付金の償還に十分な支払能力を有すること。
  4. 市税及び下水道事業受益者負担金を滞納していないこと。
  5. 確実な連帯保証人があること。
注意:法人、団体、営業用には貸付されません。

貸付対象施設及び限度額

  • 水洗トイレ1基につき…50万円
  • 水洗トイレ2基目の加算額…15万円(一戸につき2基まで)
  • 既存浄化槽の廃止…10万円

補足事項

  • 貸付金額は上表総額の1万円単位までお貸しします。なお、限度額を超えた金額および1万円未満の端数の金額は直接業者にお支払いいただくことになります。
  • 償還方法は、資金交付の翌月から50月以内の月賦償還となります。

工事に要する日数

1箇所の便所の工事は着手してから2日程度で完了します。ただし工事現場の状況により変動があります。
  • 下水道を正しく使うための啓発イメージ画像

お問い合せ・担当窓口

建設水道部 上下水道室工務課 下水道係