PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

名寄市特定不妊治療費助成事業のご案内

名寄市では、平成29年4月1日より北海道特定不妊治療費助成事業に加えて、特定不妊治療を受けているかたの経済的負担を軽減するため、費用の一部を助成します。

対象者

治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦のうち、次の1から4までのすべての要件に当てはまるかたが対象です。
1 平成29年4月1日以後に、北海道が実施する特定不妊治療費助成の決定を受けているかた
2 夫婦のいずれか一方が、申請時に名寄市に住民登録しているかた
3 夫および妻が市税を滞納していないかた
4 助成を受けようとする治療について、他の市町村から同様の助成を受けていないかた
※その他、道助成事業と同様です。

対象となる治療

  • 特定不妊治療(体外受精および顕微授精)

※ただし、夫婦以外の第三者からの精子、卵子または胚の提供による不妊治療や代理母、借り腹による治療は助成の対象となりません。

  • 男性不妊治療(男性が精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)

助成額と助成回数

  • 北海道が助成対象経費と認定した費用から、道の助成金を差し引いた額が名寄市の助成対象になります。上限額に満たない場合はその額を助成します。
  • 助成回数は道の助成事業と同様です。

治療内容 名寄市助成の上限(1回)
採卵を伴う治療 15万円
採卵を伴わない治療、状態が良い卵が得られない等による治療中止 7万5,000円
男性不妊治療 15万円

申請方法

  • 北海道の助成決定指令書の交付を受けてから、治療が終了した日の翌日から60日以内に申請してください。

申請に必要な物

  1. 名寄市特定不妊治療費助成金交付申請書
  2. 道助成事業の助成決定指令書の写し
  3. 振込口座の預金通帳の写し(2回目以降の申請で、振込口座が同じ場合は提出不要です。)
  4. 印鑑(夫婦別々の印鑑が必要です)
  5. 道助成事業の「特定不妊治療費助成事業申請書」の写し、「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の写し
    • 情報提供にかかる同意欄に署名されるかたは提出不要です。
  6. 住民票、納税証明書
    • 住民基本台帳、納付状況等の確認の同意欄に署名したかたは提出不要です。

申請場所・日時

名寄市保健センター
受付時間 8時45分から17時30分

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター