PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

咽頭結膜熱の警報が発令されました

「咽頭結膜熱の警報」が発令されました。
名寄保健所管内で「咽頭結膜熱」の警報が発令されました。
さらに流行が拡大する可能性がありますので、感染予防に努めましょう。

咽頭結膜熱とは

アデノウイルスの感染により発生します。夏の時期に発生しやすく、プールでの感染があることから「プール熱」とも呼ばれます。
感染経路は、咳やくしゃみなどのしぶきによる飛沫感染、ウイルスが付着した手やタオルなどを介する接触感染があります。
症状は
・発熱(38-39度)
・咽頭炎(のどの痛みや発赤など)
・結膜炎(目の充血やめやになど)
3主症状があります。高熱が比較的長く(5日程度)続くことがありますが、ほとんどが自然軽快します。吐き気や強い頭痛、激しい咳がある際には早めに医療機関に相談するようにしてください。

予防するには

アデノウイルスには特別な治療法はありません。感染力が非常に強いですが特別な治療法やワクチンはなく、アルコール消毒も効きにくいため、流行期には流水や石鹸での手洗いやうがいが有効です。
咳やくしゃみが出る際にはマスクやハンカチなどで口元を覆うなどの咳エチケットをするようにしましょう。
感染者との密接な接触を避けるため、タオルなどは別に使用するようにしましょう。

関連リンク

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター