PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

除雪助成券・屋根雪おろし助成券の交付申請

市では、道路除雪後の門口除雪を指定業者と契約する場合の費用の一部を助成する「除雪助成券」および自宅や車庫、物置の屋根の雪おろしを指定業者に依頼する場合の費用の一部を助成する「屋根雪おろし助成券」を交付します。
次の基準に該当し、希望するかたは申し込みください。

除雪助成券

助成対象者

世帯全員が次の1から5のいずれかに該当し、令和3年の世帯の総収入額が次の収入判定基準額以下の世帯で、除雪が困難であり家族からの援助が受けられないかた

  1. 70歳以上のかた
  2. 身体障害者手帳1級、2級または体幹機能障がいの3級を有するかた
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級または療育手帳Aを有するかた
  4. 要介護認定が要介護1から要介護5までのかた
  5. 65歳以上の虚弱(上記の2から4相当で認定前である場合など)と認められるかた

助成額

2万6,000円
※風連地区で手作業除雪を利用する場合は9,000円
※利用期間は11月1日~翌年3月31日

総収入の判定基準

  1. 世帯に同居する全員の令和2年の総収入から社会保険料を控除した金額で判定します。
  2. 障害年金、遺族年金、遺族恩給など非課税の収入についても総収入額に含めます。
  3. 配偶者との死別や災害等により、前年と比べて著しく収入が減少すると認められるときは、現年の収入見込み額とすることができます。

区分

判定基準額

独居世帯

117万1,000円

2人世帯

186万3,000円

3人世帯

227万円

障がい者加算・住宅扶助額
身障手帳、要介護認定等があるかたや借家料を支払っているかたは判定基準額に次の加算があります。
区分 加算額

身障1、2級・要介護4、5・療育A・精神1級

27万6,800円

身障3級・要介護1から3・療育B・精神2級

18万4,600円

住宅扶助(賃貸) 1人

30万円

住宅扶助(賃貸) 2人

36万円

申請期間・申請書

除雪のシーズン契約をされる前に申請をお願いします。(申込期限 令和4年10月28日)
申請期限を過ぎた場合でも受付いたしますが、申請日によっては全額(2万6,000円)分の助成ができないことがあります。
詳しくは問い合わせください。

除雪助成券指定業者一覧

屋根雪おろし助成券

助成対象者

世帯全員が次の1から6のいずれかに該当し、令和2年の世帯の総収入額が次の収入判定基準額以下の世帯で、除雪が困難であり家族からの援助が受けられないかた

  1. 70歳以上のかた
  2. 身体障害者手帳1級、2級または体幹機能障がいの3級を有するかた
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級または療育手帳Aを有するかた
  4. 要介護認定が要介護1から要介護5までのかた
  5. 65歳以上の虚弱(上記の2から4相当で認定前である場合など)と認められるかた
  6. 認知症高齢者自立度2以上のかた

助成額

1世帯につき1万円(2,500円の助成券が4枚)
※利用期間は11月1日~翌年3月31日

総収入の判定基準(除雪助成券と同じ)

  1. 世帯に同居する全員の令和3年の総収入から社会保険料を控除した金額で判定します。
  2. 障害年金、遺族年金、遺族恩給など非課税の収入についても総収入額に含めます。
  3. 配偶者との死別や災害等により、前年と比べて著しく収入が減少すると認められるときは、現年の収入見込み額とすることができます。

区分

判定基準額

独居世帯

117万1,000円

2人世帯

186万3,000円

3人世帯

227万円

障がい者加算・住宅扶助額
身障手帳、要介護認定等があるかたや借家料を支払っているかたは判定基準額に次の加算があります。
区分 加算額

身障1、2級・要介護4、5・療育A・精神1級

27万6,800円

身障3級・要介護1から3・療育B・精神2級

18万4,600円

住宅扶助(賃貸) 1人

30万円

住宅扶助(賃貸) 2人

36万円

申請期間・申請書

指定業者に屋根雪おろしの依頼をされる前に申請をお願いします。
令和5年3月31日までの雪おろしに対してご利用いただける助成券です。

屋根雪おろし助成券指定業者一覧

お問い合せ・担当窓口

健康福祉部 こども・高齢者支援室高齢者支援課 高齢福祉係