PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

名寄市除排雪担い手育成確保事業のお知らせ

 名寄市では、除排雪事業の担い手確保や人材の育成を図り、雇用の創出、地元定着化や地元建設業の安定的な経営を推進するため、技術継承対策や人材確保を目的として「名寄市除排雪担い手育成確保事業」の申請受付を4月1日から開始しています。
 除雪にかかわる免許取得や講習会及び研修会への参加を検討しているかた、除雪技術承継訓練の開催を予定している事業者のかたは、以下の内容をご確認の上、ご相談ください。

名寄市除排雪担い手育成確保事業

助成対象者

次のいずれかに該当するかたが助成の対象となります。
事業所
1.市内に本社又は本部が存在し、名寄市道の除排雪に関わる建設等関連企業及び事業所
2.市内に存在し、名寄市道の除排雪に関わる建設等関連支社及び事業所(本社又は本部が市外にあるもの)
3.市内の建設等関連企業及び事業所で構成し、名寄市道の除排雪に関わる組合又は協同体
個人
除雪担い手
1.市内に在住し、事業所に通年雇用されているかた
2.市内に在住し、事業所に採用が内定しているかた
※個人の方は、市内同一の事業所に継続して3年以上勤務する方が対象となります。

助成対象事業

技術継承訓練助成事業

 除排雪の技術の継承に必要な訓練・講習などに対し、技術継承訓練に対する必要経費の2/3を補助します。
 ただし、年1回の開催に対して10万円を限度額とします。
○具体例・・・事業所内もしくは複数所内で独自で開催する訓練・講習。
 車両機械に乗り、講習会の開催(資料代・燃料代、車両運転安全講習対策を含む)、先進地からの講師派遣
 (座学資料代、講師派遣料)、車両借り上げ料(レンタル車両を使用しての研修、燃料代)など
○事業所が単独で実施するだけでなく、複数所合同で実施する場合も対象とします。(単独・複数会社、組合など)
○人材開発センターなどで開催される講習・研修は含みません。

講習会及び研修会受講助成事業

 除雪に特化した技能及び技術の向上、並びに人材の育成・確保を図るため、必要な資格取得・技術向上のための講習会、研修会の受講に、上記要件の対象者に対して、受講料の2/3を補助します。ただし、3万円を限度額とします。
○具体例・・・除雪に関わる車両系(整地等)運転技能講習(グレーダー、ドーザなど)、交通誘導員講習など

大型自動車免許取得助成事業

 大型自動車免許の取得に対し、免許取得経費の2/3を補助します。
 ただし、18万円を限度額とします。

大型特殊自動車免許取得助成事業

 大型特殊自動車免許の取得に対し、免許取得経費の2/3を補助します。
 ただし、18万円を限度額とします。

提出書類

申請時に提出する書類
(1)技術承継訓練助成事業
   ア 事業内容が分かる書類及び事業決算書
   イ 口座振替依頼書(別記様式第2号)
(2)講習会及び研修会受講助成事業
   ア 講習会又は研修会の内容が分かる書類及び講習費用受領書又は研修費用受領書
    (受講料及び教材費が明記されたもの)
   イ 事業所の就業証明書又は内定通知書
   ウ 口座振替依頼書
   エ 誓約書(別記様式第3号)
(3)大型自動車免許取得助成事業及び大型特殊自動車免許取得助成事業
   ア 運転免許証の写し又は免許取得が確認できる書類
   イ 事業所の就業証明書又は内定通知書
   ウ 口座振替依頼書
   エ 誓約書

交付申請期限

令和6年1月22日(月曜日)まで
※利用申請は、予算額に達するまで受け付けます。
 予算額に達した場合は、利用申請の受付は終了となります。

助成金の返還及び通知

交付決定後、下記のいずれかに該当したときは直ちに、別添様式に記入の上ご報告ください。
(1) 事業所に採用内定していた者が就労しないとき。
(2) 交付決定後、過去に同種の助成事業の助成を受けていたことが判明したとき。
(3) 交付決定後、「講習会及び研修会受講助成事業」、「大型自動車免許取得助成事業」、
   「大型特殊自動車免許取得助成事業」の助成を受けたものが、市内同一の事業所に継続して3年以上勤務していないこと
   が判明したとき。

留意事項

○申請に関わる様式は名寄市ホームページからダウンロードするか、名寄市役所風連庁舎2階 都市整備課でお渡しします。
○利用申請順に受理し、内容を審査後、交付決定します。
○助成金の交付を受けたのちに、事業所に就業しないかたや、就労後3年を経過せずに退職または市外の事業所へ移動したとき
 は、交付した助成金の返還を求める場合があります。

実施要綱

お問い合せ・担当窓口

建設水道部 都市整備課