PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

児童手当

次代の社会を担う子どもの健やかな成長を支援するために、中学校修了前の子どもを養育しているかたに支給されます。

支給要件

中学校卒業まで(15歳に達した最初の3月31日まで)の児童を養育しているかた(父または母などの所得が高い方)

その他の支給要件

  1. 原則として児童が日本国内に住んでいること(海外留学をしている場合を除く)
  2. 児童が施設に入所している場合や里親に委託されている場合、施設の設置者や里親などに支給
  3. 父母などが海外にいる場合、父または母が指定する人に支給
  4. 児童が未成年後見人に養育されている場合、未成年後見人に支給
  5. 両親が離婚協議中で別居している場合、児童と同居しているかたに支給
 ※該当する場合はそれらを証明する書類などの提出が必要です。

所得制限

所得制限限度額表
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833万3,000円
1人 660万円 875万6,000円
2人 698万円 917万8,000円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1,002万1,000円
5人 812万円 1,042万1,000円
※児童を養育している方の所得が限度額以上の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人あたり月額一律5,000円)を支給します。

支給額

3歳未満

1万5,000円(一律)
※3歳に達した月の翌月から手当額が変わります。

3歳以上小学校修了前

1万円(第3子以降は1万5,000円)
※第1子、第2子、第3子などの児童の数え方について、18歳到達年度末までの間にいる児童を対象とします。

中学生

1万円(一律)

支給額の例

表:17歳・13歳・8歳の児童を養育している場合
年齢 受給要件 出生順位 手当月額
17歳 非該当 第1子 なし
13歳 該当 第2子(中学生) 1万円
8歳 該当 第3子(3歳以上小学校修了前) 1万5,000円

支給時期

年3回、支払月の10日に支給されます(10日が土日祝日の場合は、その前の前日)
  • 6月…2月分から5月分
  • 10月…6月分から9月分
  • 2月…10月分から1月分

次の場合は申請が必要です

  1. 初めてお子さんが生まれたとき
  2. 養育する児童が増えた(または減った)とき
  3. 児童を養育しなくなったことなどにより、支給要件に該当しなくなったとき
  4. 名寄市に転入、市外へ転出するとき
  5. 公務員になった、公務員でなくなったとき
  6. 受給しているかたや養育している児童の名前が変わったとき
  7. その他変更(振込先口座など)があったとき

補足事項

  • 児童手当は、原則、申請した翌月分から支給されます。ただし、出生日、転出予定日(異動日)が月末に近い場合、申請が翌月になっても異動日の翌日から15日以内の申請であれば、申請月から支給します。申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなることがありますので、ご注意ください(公務員の方は、勤務先で申請)。
  • 認定を受けたあと、引き続き児童手当を受けるには、毎年6月中に児童手当現況届の提出が必要です。提出がないと6月分以降の手当が受けられなくなることがありますので必ず提出してください。

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 健康保険被保険者証の写しなど(請求するかたが「会社員」の場合)
  • 請求者名義の金融機関の口座番号がわかるもの
  • 請求者、配偶者の個人番号(マイナンバー)のわかるもの 

本人(受給者)が申請する場合 確認させていただく物

1点で良いもの  個人番号カード
  • 必要書類
2点以上いるもの(身元確認と番号確認)
  • 必要書類
  • 身元確認で1点で良いもの(顔写真つきのもの)
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 各障がい者手帳
    • 在留カード

  • 身元確認で2点必要なもの
    • 各種健康保険証
    • 年金手帳
    • 児童扶養手当証書
    • 官公署から発行された氏名、生年月日または住所が記載されたもの

代理人が申請する場合 確認させていただく物

  • 必要書類
(1)法定代理人の場合
  • 戸籍謄本その他その資格を証明する書類
  • 代理人の身元確認のもの

(2)任意代理人の場合  ※夫が本人(受給者)で妻が申請する場合等
  • 委任状
  • 代理人の身元確認のもの
  • 本人(受給者)の番号確認のもの
その他、必要に応じて書類を提出いただく場合があります。

お問い合せ・担当窓口

健康福祉部 こども・高齢者支援室こども未来課 子育て支援係