PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

精神障害者保健福祉手帳の交付申請

「精神障害者保健福祉手帳」とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒、またはその依存症、精神病質その他の精神疾患を有するかたで、精神障がいのため長期にわたり日常生活、または社会生活への制約があると判定されたかたに交付されます。
この手帳の程度は1級から3級に区別されており、各種制度を利用するための証票となりますので、大切にお使いください。

交付申請手続き

新規(継続)申請の場合(障害年金を受給されていないかた)

印鑑、顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル、上半身・無帽・正面・1年以内に撮影したもの)、 申請者(18歳未満の場合は本人と保護者)のマイナンバー(個人番号)がわかるもの(個人番号カードか個人番号通知カード)を持参の上、市役所社会福祉課障がい福祉係にお越しください。
  • 申請書受理後、「医師の診断書(精神保健福祉手帳用)依頼票」をお渡しします。
  • 継続申請の場合、顔写真は不要ですが、医師の診断書が必要となります。(障害者手帳の次回有効期限記載欄がない場合、顔写真が必要となります)
  • 顔写真は申請者が写真添付を希望しない場合、省略することが可能ですが、顔写真が無いことで本人確認ができないことから、各種制度を利用できない恐れがあります。

新規(継続)申請の場合(障害年金を受給されているかた)

印鑑、顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル、上半身・無帽・正面・1年以内に撮影したもの)、 申請者(18歳未満の場合は本人と保護者)のマイナンバー(個人番号)がわかるもの(個人番号カードか個人番号通知カード)及び障害年金証書又は障害年金決定通知書(但し、精神の障害と認定された証書又は通知書に限る)を持参の上、市役所社会福祉課障がい福祉係にお越しください。
※継続申請の場合、顔写真は不要です。(障害者手帳の次回有効期限記載欄がない場合、顔写真が必要となります)

認定期間について

新規申請の場合は、初診から6ケ月以上経過していることが条件となります。
また、手帳の交付には約2ケ月から3ケ月かかります。
手帳の有効期間は「2年間」です。継続して申請される場合は、有効期限の3ケ月前から申請することができます。
住所や氏名等に変更が生じた場合、印鑑および手帳が必要となります。また、障害者手帳の再交付を希望する場合、印鑑および顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)を持参の上、市役所社会福祉課障がい福祉係にお越しください。
※顔写真は申請者が写真添付を希望しない場合、省略することが可能ですが、顔写真が無いことで本人確認ができないことから、各種制度を利用できない恐れがあります。

お問い合せ・担当窓口

健康福祉部 社会福祉課 障がい福祉係