星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 北国博物館
  4. SLキマロキ
  5. キマロキ保存会

キマロキ保存会

昭和51年12月に設立し、全国に名寄市にしかないSL排雪列車(キマロキ)の維持管理を目的とした会です。
会員は国鉄OBを中心に45名で、会長は中田一良さん。

主な活動内容

  • キマロキ冬囲いシート撤収作業指導
  • 日曜祝日巡視及び保守作業…4月から10月
  • 一斉清掃…5月上旬
  • キマロキ塗装工事…6月から7月
  • キマロキ冬囲い作業指導…10月下旬
  • ミニエクスプレス貸し出し

キマロキ保存会の活動の様子

  • 写真1

    キマロキ準記念物指定の記念撮影

  • 写真2

    冬囲い外し作業

  • 写真3

    清掃作業

  • 写真4

    塗装作業

キマロキ保存会が北海道文化財保護功労賞を受賞しました

名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会(中田一良会長)は、長年の車両保存活動と雪国の生活を伝える活動が称えられ、平成25年度北海道文化財保護功労賞を受賞し、10月31日 木曜日に札幌市で表彰式が行われました。
同保存会の中田会長と吉村利信理事は、11月6日 水曜日に表彰状を手に名寄庁舎を訪れ、受賞報告を行いました。
受賞にあたり、中田会長は「会員一丸となって保存・展示活動をしてきたおかげ。受賞できて感激している。」と喜びを述べました。

10月31日 表彰式

  • 表彰式の様子の写真
  • 表彰式での記念写真

11月6日 受賞報告

  • 報告の様子の写真
  • 賞状を手に記念写真

SL「キマロキ」の冬囲いを行いました

北国博物館前、旧名寄本線の線路上に野外展示しているSL排雪列車「キマロキ」は、豪雪地帯の交通網を守るため、SL時代にはその雄姿を誇ってきました。道北の鉄路の歴史を伝える大切な産業遺産です。機関車、マックレー車、ロータリー車、機関車と車掌車の75メートルに及ぶ編成での保存車両は、現在、全国で名寄だけになりました。名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会の活動により、きれいな状態を保って居いるのも自慢の1つです。
毎年、多くの鉄道ファンが見学に訪れますが、冬期間は車体保護のため、シートで被い見学ができません。
今年は10月18日にシートをかけ、冬囲いを行いました。
シートの撤去作業は来年4月中旬を予定しています。それ以降は再び見学できるようになりますので、よろしくお願い致します。
  • ブルーシートをかける作業の写真
  • ブルーシートで覆われたキマロキの写真
  • 展示公開中のキマロキの写真
  • キマロキ全体の写真

お問い合せ・担当窓口

北国博物館

  • 住所:郵便番号096-0063 北海道名寄市字緑丘222
  • 電話番号:01654-3-2575
  • ファクシミリ:01654-3-2575
  • メール:ny-kitahaku@city.nayoro.lg.jp