星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 市民部 環境生活課
  4. 環境・生活安全係
  5. 交通安全
  6. 第10次名寄市交通安全計画

第10次名寄市交通安全計画

第10次名寄市交通安全計画の公表

名寄市では、交通安全対策基本法に基づき、「第10次名寄市交通安全計画」を策定しましたので公表します。
計画期間:平成28年度から平成32年度

計画の基本的な考え方

旗の波
 名寄市における交通安全のための施策を講ずるに当たっては、人命尊重の理念に基づき、交通事故がもたらす大きな社会的・経済的損失をも勘案すると、究極的には交通事故のない社会を目指すべきである。
 少子・高齢化及び過疎化が急速に進む中、高齢者、障がい者、子ども等の交通弱者の安全を確保する「人優先」の交通安全思想を基本とし、あらゆる安全施策を講ずる必要がある。
 このような観点から、交通社会を構成する人、車両等の交通機関及びそれらが活動する場としての交通環境という三つの要素について、相互の関連を考慮しながら、本市の実態に即した施策を総合的に策定して、官民一体となって強力に推進することを基本として、本計画を作成する。
 第一に、人に対する安全対策については、交通機関の安全な運転を確保するため、運転者の知識・技術の向上、交通安全意識の徹底、指導・取締りの強化、運転管理の改善、労働条件の適正化等を図るものとする。
 また、歩行者等の交通事故防止対策のため、広く市民の交通安全思想の高揚と交通道徳のかん養を図り、交通安全に関する教育、啓発活動を充実させるものとする。
 第二に、交通機関が原因となる事故の防止対策としては、各交通機関の社会的機能や特性を考慮しつつ、関係機関及び関係団体(以下「関係機関等」という。)と連携して、社会的要求に応じた安全水準を常に維持させるための措置を講ずるものとする。
 第三に、交通環境の整備に当たっては、「人優先」の考え方の下、人の歩行空間と自動車等交通機関との分離を図るなどにより、混合交通に起因する接触の危険を排除する施策を充実させるものとする。
 これら三要素に関する有効かつ適切な交通安全対策を講ずるに当たっては、交通事故原因の総合的な調査・分析を行い、その結果等に対応した施策の具体化に努めるものとする。
 さらに、事故が発生した場合、被害を最小限に抑えるため、救急・救命体制の点検整備、被害者救済のための事故相談処理体制等に万全の措置を講ずるよう努めるものとする。

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

市民部 環境生活課 環境・生活安全係

  • 住所:郵便番号096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
  • 電話番号:01654-3-2111
  • ファクシミリ:01654-9-4011
  • メール:ny-seikatsu1@city.nayoro.lg.jp