PC版に切替

星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

きたすばる「木星・土星超接近観望会」※終了しました

12月は夕暮れの空で木星と土星が接近します。木星は約12年、土星は約30年で太陽の周りを公転しており、地球から見ると約20年ごとに木星と土星が接近して見えます。
今回の接近は木星と土星の見かけの距離がとても近づく”超”大接近です。これは、過去に遡ると1623年以来の近さとなります
今後は、20年後の2040年にも木星と土星の接近はありますが、今回ほど近づきません。今回同様の大接近となるのは60年後の2080年です。
見ることができるのは、一生に一度だけかもしれない”超”大接近!ぜひこの機会にご覧になりませんか?

木星・土星超大接近観望会

日時、場所
日時

から まで

各日 16時30分から17時30分まで
21日は本来休館日ですが、16時30分から17時30分までの間、特別開館いたします。
屋上テラスでの観察スペースの解放などもあり、
変則開館となるため詳しくは天文台ウェブサイトをご覧ください。
場所

なよろ市立天文台

申込み
事前申込必須(現在の天文台の通常予約に準じます。詳しくは天文台ウェブサイトをご覧ください)
申込方法:天文台開館時間の13時から20時までに、お電話(01654-2-3956)にてお申込みください。
参加料
一般:410円
学生:310円
65歳以上:200円
高校生以下無料
備考
  • ご来場の際はマスクを必ず着用くてお越しください。
  • 予約制となりますので、必ず申し込みをおこなってください。
  • 曇天の場合は見られないことがあります。 ご了承ください。
  • 観測場所は屋外のため暖かい服装でご参加ください。
  • 会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • 会場内の車等に係るトラブルは、自己責任となります。

惑星で星空視力大実験!!!木星・土星超大接近観測プロジェクト

日時、場所
日時

から まで

この接近に合わせて、肉眼でどのように見えるか(木星・土星が2つに見えるか1つに見えるか)を
皆さんに報告してもらうキャンペーンも行っています。
以下のページに「見たよレポート」から、ぜひ報告してください。
世界中からの報告をまっているところです。
備考
以下のURLからご覧ください。
https://www.nayoro-star.jp/mokuseidosei/jp/index.html

詳細は天文台ウェブサイトをご覧ください

望遠鏡

お問い合せ・担当窓口

なよろ市立天文台きたすばる

【休館日】
 毎週月曜日
 祝日の翌日(日曜日および土曜日を除く)
 毎月最終火曜日(7月・8月・12月及び3月を除く)
 年末年始(12月30日から1月6日)
【開館時間】
 夏時間(4月から10月) 13時00分から21時30分
 冬時間(11月から12月、1月から3月) 13時00分から20時00分