星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


未熟児養育医療給付制度

1歳未満の入院医療を必要とする未熟児を対象に、指定養育医療機関において必要な医療の給付を行う制度です。

対象者

名寄市内に居住する乳児で次に掲げるいずれかの症状があり、医師が入院治療を必要と認めたもの。
  1. 出生児体重が2,000グラム以下の未熟児
  2. 生活力が特に薄弱であって、次のいずれかの症状を示すもの

一般状態

  • 運動不安、けいれんがある
  • 運動が異常に少ない

体温

  • 体温が摂氏34度以下

呼吸器・循環器系

  • 強度のチアノーゼが持続する、チアノーゼ発作を繰り返す
  • 呼吸回数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、または毎分30以下
  • 出血傾向が強い

消化器系

  • 生後24時間以上排便がない
  • 生後48時間以上嘔吐が持続する
  • 血性吐物、血性便がある

黄疸

  • 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある

医療費の給付

  • 入院中の診察、医学的処置、薬剤、治療材料の支給など
  • 入院中の食事代(ミルク代)

注意

健康保険が適用される医療費が給付範囲となりますので、保険適用外のものについては対象とはなりません。(おむつ代・差額ベッド代など)

申請方法

申請は、保護者が出生後すみやかに、次の必要書類を提出してください。
退院後の申請は原則として受付できませんので、ご注意ください。

必要書類

  1. 養育医療給付申請書…保護者のかたが記入してください。
  2. 養育医療意見書…担当の医師に記入してもらってください。
  3. 世帯調書…保護者のかたが記入してください。(生計を共にしている家族全員を記入)
  4. 被保険者証等の写し
  5. 印かん…認印で構いません。
  6. 所得税額等を証明する書類
  7. 対象乳児、扶養義務者、世帯全員分の個人番号(マイナンバー)のわかるもの

申請者本人が申請する場合 確認させていただく物

1点で良いもの 個人番号カード
  • 必要書類
2点以上いるもの(身元確認と番号確認)
  • 必要書類
  • 身元確認で1点で良いもの(顔写真つきのもの)
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 各障がい者手帳
    • 在留カード

  • 身元確認で2点必要なもの
    • 各種健康保険証
    • 年金手帳
    • 児童扶養手当証書
    • 官公署から発行された氏名、生年月日または住所が記載されたもの

代理人が申請する場合 確認させていただく物

  • 必要書類
(1)法定代理人の場合
  • 戸籍謄本その他その資格を証明する書類
  • 代理人の身元確認のもの

(2)任意代理人の場合  ※夫が本人(受給者)で妻が申請する場合等
  • 委任状
  • 代理人の身元確認のもの
  • 本人(受給者)の番号確認のもの

所得別の提出書類

次の(1)から(4)の該当する書類を提出してください。
【注意】診療期間初日が1月から6月の場合は前々年分、7月以降の場合は前年分のもの
(1)生活保護を受けているかた
生活保護受給証明書
(2)給与所得者・年金受給者等で確定申告をしていないかた
源泉徴収票
(3)確定申告をされたかた
確定申告書の控え
(4)所得税が非課税(0円)のかた
市民税課税証明書又は非課税証明書
(ただし、住宅所得控除があり非課税の場合は、確定申告書の控え又は源泉徴収票)

医療券の交付

申請書類を審査し、指定養育医療機関の給付が必要と認められた場合、養育医療券をご自宅へ郵送しますので、受け取られましたら指定養育医療機関へ提出してください。

注意

  • 医療給付は養育医療券に記載された有効期間までですが、症状が改善した場合は、医師の総合的な判断に基づき、養育医療券の有効期間内であっても終了となります。
  • 治療期間を延長する場合や転院をした場合は、別途申請が必要となります。すみやかに、名寄市役所こども未来課までご連絡ください。
  • 養育医療制度と名寄市乳幼児等医療費助成制度について、入院中は養育医療制度が優先となり名寄市乳幼児等医療費助成制度は利用できません。退院後は名寄市乳幼児等医療費助成制度をご利用ください。

お問い合せ・担当窓口

健康福祉部 こども・高齢者支援室こども未来課 子育て支援係

  • 住所:郵便番号096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
  • 電話番号:01654-3-2111
  • ファクシミリ:01654-9-2089
  • メール:nayoro@city.nayoro.lg.jp