星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

国民年金制度について

国民年金制度とは、年をとったときや、病気やけがで障がい者になったり、不幸にも生活の中心者を亡くして収入の道が閉ざされるような状態になったりしたときに、年金を支給して本人または家族の生活を支える制度です。

国民年金への加入

必ず加入しなければならないかた

20歳以上60歳未満のかた

希望すれば加入できるかた

  • 60歳未満で厚生年金や共済組合から老齢(退職)年金を受けているかた
  • 60歳以上65歳未満のかた(昭和40年4月1日以前の生まれで加入期間が不足しているかたは、70歳まで加入できます)
  • 海外に住む20歳以上65歳未満の日本国籍のかた

被保険者の種別

  • 第1号被保険者:農業、自営業などに従事するかたと、その配偶者、学生など
  • 第2号被保険者:厚生年金、共済組合に加入しているかた
  • 第3号被保険者:厚生年金、共済組合加入者に扶養されている配偶者(配偶者の扶養とならないかたは、第1号被保険者です)

種別変更の届け出

被保険者の種別間に変更があった場合には、必ず種別変更の届け出が必要です。

届け先

変更の種類 届け先
第2号から第1号へ変更
  • 名寄庁舎 市民課市民年金係
  • 風連庁舎 地域住民課市民係
第3号から第1号へ変更
  • 名寄庁舎 市民課市民年金係
  • 風連庁舎 地域住民課市民係
第1号から第2号へ変更 勤務先で手続きします
第1号から第3号へ変更 配偶者の勤務先

補足

第2号被保険者(厚生年金、共済組合に加入しているかた)が退職され、第1号被保険者となった場合、その被扶養配偶者で満60歳未満の第3号被保険者のかたは、第1号被保険者となります。
必ず各窓口で切り替え手続きをしてください。
また、第2号被保険者のかたが60歳以上の場合は、本人の届け出は不要ですが、満60歳未満の第3号被保険者のかたは、第1号被保険者となりますので同じようにに手続きをしてください。

保険料

納入

保険料の納付書、口座振替についてのお問い合わせは、旭川年金事務所が窓口になります。
なお、第3号被保険者は、厚生年金・共済組合でまとめて費用を負担しますので、自分で納める必要はありません。

前納割引制度

免除

所得が一定基準以下であるときや、失業や災害など特別な事情で保険料を納められないときは、本人が申請し承認されると保険料の納付が免除される制度があります。
免除には、「全額免除」「4分の3免除」「半額免除」「4分の1免除」があります。

若年者納付猶予

所得の高い世帯主(おもに親)と同居している場合、30歳未満のかたは、本人と配偶者の所得のみが審査基準となる制度があります。

学生納付特例

学生には、保険料の納付特例制度があります。

追納

保険料の免除期間は、免除の割合に応じて将来の年金の受け取り額が減額されます。
免除該当期間の分は10年以内であれば後から納めることができます(追納)。
追納の申請は市役所窓口か年金事務所でできます。
若年者納付猶予期間と、学生納付猶予期間は、老齢基礎年金を受けるための資格期間には含まれますが、受け取る年金額の計算には算入されません。

受けられる年金

「老齢」「障害」「遺族」の3種類の基礎年金があります。
厚生年金や共済年金は、この基礎年金に上乗せして支給されます。

老齢基礎年金

  • 事由…65歳になったとき
  • 年金額(平成27年4月から)…78万100円(40年納付で満額の場合)
  • 支給要件…25年以上保険料を納めたかた(免除期間などを含む)

障害基礎年金

  • 事由…不慮の事故や病院で障がいの状態となったとき
  • 年金額(平成27年4月から)※平成23年度から、受給権を取得した後に子を扶養するようになった人にも加算があります。
    • 1級…97万5,100円
    • 2級…78万100円 
    • 子の加算(1人につき)
      • 2人まで…各22万4,500円
      • 3人以降…各7万4,800円
  • 支給要件
    • 初診日において国民年金に加入、または国民年金に加入していた60歳以上65歳未満
    •  一定の障がいの状態にあること
    •  一定の保険料納付要件を満たしていること
    •  20歳前に病気・けがで障がいの状態になった場合は、保険料納付要件はありませんが所得制限があります 

遺族基礎年金

  • 事由…配偶者が死亡し、18歳到達年度末までの子がいる配偶者、または子に支給(障がい児の場合は20歳未満)
  • 年金額(平成27年4月から)
    • 配偶者が受ける場合
      • 子が1人いる配偶者…100万4,600円
      • 子が2人いる配偶者…122万9,100円
      • 子が3人いる配偶者…130万3,900円
      • 子が4人以上いる場合…1人につき子が3人いる配偶者の額に7万4,800円加算
    • 子が受ける場合
      • 1人のとき…78万100円
      • 2人のとき…100万4,600円
      • 3人のとき…107万9,400円
      • 子が4人以上いる場合…1人につき子が3人の額に7万4,800円加算
  • 支給要件
    • 亡くなったかたが一定の保険料納付要件を満たしていること

独自給付(第1号被保険者のみ)

付加年金

付加保険料400円を納めた期間について、1カ月あたり、200円で計算した額が付加年金として老齢基礎年金に加算されます。

寡婦年金

老齢基礎年金の受給資格期間を満たした夫が年金を受けずに死亡した場合、婚姻期間が10年以上ある妻に60歳から65歳までの間支給されます。
  • 支給額…夫が受けることができた老齢基礎年金の4分の3

死亡一時金

保険料を3年以上納めたかたが、老齢・障害基礎年金のいずれも受けずに死亡し、生計を同一にしている遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。
  • 支給額…12万円から32万円

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

旭川年金事務所

国民年金・厚生年金の納付記録、加入期間、受給資格に関すること
国民年金保険料の納付書や口座振替に関すること

  • 住所:旭川市宮下通2丁目
  • 電話番号:0166-27-1611

ねんきんダイヤル

一般の年金相談について

市民部 地域住民課 市民係

風連庁舎でも、年金に関する相談や手続きができます。

市民部 市民課 市民年金係