星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

特定健診・特定保健指導について

名寄市国保では、30歳から74歳のかたを対象に『特定健診・特定保健指導』をおこなっています。みなさんの健康を守るため、年に一度は健診を受診しましょう!
健診のお申し込みは名寄市保健センター(電話 01654-2-1486)まで
  • 国保では各種検診(がん検診等)についても助成をおこなっていますので、併せて受診ください。
  • 特定健診と人間ドックは、重複して助成を受けることができませんのでご注意ください。

特定健診・特定保健指導Q&A

Q1.特定健診とは何ですか?

A1.医療保険者が40歳から74歳を対象におこなう健康診査のことです。(名寄市では30歳から実施しています)生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームを早期に発見、予防、改善し、将来的に生活習慣病にかかる医療費を抑制しようというのが大きな目的です。

Q2.特定保健指導とは何ですか?

A2.特定健診の結果、指導が必要となるかたにおこなう保健指導のことです。該当となるかたには、保健師・栄養士等専門スタッフが支援をおこないます。

Q3.特定健診の内容を教えて下さい。

A3.問診、身体計測、血圧測定、診察、尿検査、脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)、肝機能検査(GOT・GPT・ガンマ-GTP)、血糖検査(空腹時血糖・ヘモグロビンA1c)などのほか内臓脂肪の蓄積を判定するための「腹囲測定」が実施されます。
また、名寄市では独自で腎機能についても検査(尿酸・クレアチニン)をおこなっています。

Q4.特定健診はお金がかかりますか?

A4.無料です。

Q5.現在、病院で治療中ですが、それでも特定健診を受けたほうがいいですか?

A5.病院で治療中、検査中のかたも特定健診の対象です。主治医に相談の上、年に一度は健康チェックのため特定健診を受けましょう。

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

名寄市保健センター

健診の申し込み先

市民部 市民課 国保高齢医療係