星・雪・きらめき 緑の里 なよろ

限度額認定証(国保)

限度額適用認定証とは

医療費が高額になる場合、保険証とともに医療機関に提示していただくことで窓口での負担が自己負担限度額までに軽減することができます。
交付要件等については事前にお問い合わせください。
(医療費の自己負担限度額については、次のリンク先をご覧ください。)

入院時の食事代

入院時の食事代は、標準負担額を自己負担し、残りは入院時食事療養費として国保が負担します。
住民税非課税世帯の場合は、入院する際に限度額適用認定証・標準負担額減額認定証を医療機関に提示することにより食事代が減額されます。
交付要件等については事前にお問い合わせください。
入院時の食事代の標準負担額(1食につき)金額は次のとおりです。
  • 住民税課税世帯…1食につき360円
  • 住民税非課税世帯(区分2)
    • 90日までの入院…1食につき210円
    • 90日を超える入院…1食につき160円
  • 住民税非課税世帯(区分1)…1食につき100円
※平成28年4月1日から、住民税課税世帯の方の食事代は、260円から360円に変更になりました。
※住民税非課税(区分2)とは…世帯全員が住民税非課税で、区分1に該当しないかた
※住民税非課税(区分1)とは…世帯全員が住民税非課税で、次のいずれかに該当するかた
  1. 世帯全員の所得が0円のかた(公的年金収入のみの場合、受給額が80万円以下) 
  2. 老齢福祉年金を受給しているかた

ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

市民部 市民課 国保高齢医療係