星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 消費生活センター
  4. 消費生活センター情報
  5. 消費生活センター情報(令和元年度)

消費生活センター情報(令和元年度)

注文した覚えのない健康食品が送られてきた!

事例
健康食品が送られてきたイラスト

数日前、知らない事業者から「健康食品の無料サンプルを送ります」と電話がきた。無料のため了承したところ、すぐにサンプルが届いた。数日後、同じ事業者から電話があり、「商品は届きましたか、どうですか」と感想を聞かれたが注文はしなかった。数日後、商品2袋と振替用紙が入った箱が届いた。注文した覚えはないため断ろうと事業者に何度も電話をするがつながらない。どうしたらよいか。(市内80代女性)

アドバイス
  •  突然の勧誘電話には注意をしましょう。古い電話帳や名簿を見て勧誘していると思われます。「無料」であっても不用であればきっぱり断りましょう。
  • 事業者は、無料サンプルを送付後「商品が届きましたか」と再度電話を掛けて勧誘してきます。消費者があいまいな返事をすると、商品を送ってくる場合があります。「いりません」とはっきりと意思を伝えましょう。
  • 頼んだ覚えのない商品が届いた、断ったのに送られてきた場合は、配達業者に事情を伝え、事業者名や連絡先をメモに取ってから受取拒否をしましょう。
  • 商品を受け取ってしまっても、申し込みをしていなければ代金を支払う必要はありません。すぐに事業者へ連絡しましょう。
  • 商品を受け取ってから8日以内であれば、クーリング・オフ(契約解除)ができます。
  • 困ったときは、消費生活センターに相談してください。

第7号ダウンロード

【第6号】架空請求…「民事訴訟最終通告書」のはがきに注意!

事例
架空請求はがき

本日、民事紛争相談センターから「民事訴訟最終通告書」のはがきが届いた。「訴状が提出された」「訴訟取り下げ最終期日を経て民事裁判が開始」などと書いてある。心当たりはない。連絡をしていないが情報提供する。(70代女性)

アドバイス
  • 6月に入り、依然として不審なはがきや封書が届いたとの相談が寄せられています。
  • 「民事紛争相談センター」「訴訟通知センター」などの名称で送付されますが、実在する機関ではありません。
  • これは架空請求です。はがきや封書が届いても、絶対に問い合わせの電話番号に連絡をしないでください。
  • 連絡すると相手に電話番号が知られてしまい、裁判を取り下げるためと言って供託金や和解金などの名目でお金を要求されます。
  • このようなはがきや封書が届いても慌てないでください。心配なときは、消費生活センター・名寄警察署に相談してください。

第6号ダウンロード

【第5号】チケットの高額転売が禁止に!

政府広報オンラインより
チケットの違法販売
人気のコンサートや舞台、スポーツイベントなどのチケットを、業者や個人が買い占め、オークションやチケット転売サイトなどで定価を大幅に上回る価格で販売する「高額転売」。このような不当な転売により、チケットを本当に求めている人にとって入手しづらい状況が続いてきました。そこで、チケットの高額転売等を禁止するため、2019年6月からチケット不正転売禁止法がスタートします。
アドバイス
  • 転売チケットでは当日会場に入場できないおそれがあります。
  • お金を振り込んだのにチケットが受けとれず、売った相手と連絡がつかなくなるケースが発生しています。
  • オークションや転売サイトなど個人と個人の取引でチケットが転売された場合、返金の取り決めをしていないことが多いため、売り手に返金の義務はありません。また、興行主がチケットの転売を禁止した場合は、チケットの返金を求めることも難しい場合があります。
  • チケットは、正規のルートで買いましょう。チケットの価格やキャンセルに関する情報、利用条件を確認しましょう。また、チケットを売買する場合、公式のリセールサイトを利用しましょう。(※リセールサイトとは、希望するかたに定価で再販売するサイト)
  • 不安なときや困ったときは、消費生活センターに相談してください。

第5号ダウンロード

政府広報オンラインより

【第4号】サプリを送料のみ負担で注文後、定期契約で高額請求!

事例
サプリの明細書
スマホのアプリから「ダイエットサプリが今なら送料のみで購入できる」とSNS広告を見て申し込んだ。商品が届き100円をコンビニ決済した。効果が感じられないと思っていたら、さっき2回目の商品が大量に届いた。明細書には4ヶ月分のサプリ代4万円と高額な請求だ。支払えない。(20代女性)
アドバイス
  • スマホの広告から「お試し、送料のみ負担」と注文したあと「定期購入で高額請求された」との相談が寄せられています。
  • スマホから注文画面を確認すると、契約の詳しい内容が小さい文字で記載されており、「よく分からなかった」と事業者に申し出ても解約には応じて貰えません。
  • 契約条件によっては中途解約が出来なかったり、解約しようと事業者に連絡しても、電話がつながらなかったりする場合も多くあります。
  • スマホからの申し込みは通信販売となるためクーリング・オフができません。定期購入が条件である場合、取り寄せ回数、総額はいくらになるのか必ず確認しましょう。
  • 返品が可能かどうかは「返品特約」に書かれています。確認しましょう。
  • 困ったときは、消費生活センターにご相談ください。
     

第4号ダウンロード

【第3号】架空請求…心当たりのない請求は無視して!

事例
スマホに架空請求メール

スマホに通信会社を名乗る会社から、「ご利用料金のお支払確認が取れておりません。本日中にご連絡ください」とメールが届いた。記載の電話番号に連絡したところ、「あなたの携帯電話機に未納料金がある。コンビニで電子マネーを買って番号を教えて」と言われ、二日間にわたりコンビニで100万円分の電子マネーを買って番号を伝えた。(50代男性)

アドバイス
  • 架空請求メールです。事例のようなメールやショートメッセージが届いても、記載の電話番号には連絡しないでください。
  • 実在する事業者をかたって本物と思わせたり、「本日中の連絡」などと消費者の不安をあおるケースも見られます。
  • 連絡すると個人情報が知られ、その情報を元に金銭を要求される可能性があります。未納料金を請求されても心当たりがなければ連絡しないでください。
  • 支払方法は、「コンビニで電子マネーを買って番号を教えて」などと言ってきますが、絶対に指示に従わないでください。
  • このようなメールやショートメッセージが届いたときは、記載の電話番号に連絡せずに消費生活センターや名寄警察署(☎2-0110)に相談してください。

第3号ダウンロード

【第2号】「民事訴訟最終通告書」のはがきや封書は詐欺!

事例
民事訴訟最終通告書のはがき
本日、訴訟通達センターから「民事訴訟最終通達書」の封筒が届いた。手紙には、「訴状が提出された」「訴訟取り下げ最終期日をもって裁判開始」などと書いてある。心当たりはない。連絡をしていないが情報提供する。 (70代女性)
  • 架空請求はがき
  • ハガキが届いたイラスト
アドバイス
  • 4月に入り、市内や近郊において不審なはがきや封書が届いたとの相談が寄せられています。
  • 「訴訟通達センター」「民事紛争相談センター」などの名称で送付されますが、実在する機関ではありません。
  • これは詐欺です。はがきや封書が届いても、絶対に問い合わせの電話番号に連絡しないでください。
  • 連絡すると相手に電話番号が知られてしまい、裁判を取り下げるためと言って供託金や和解金などの名目でお金を要求されます。
  • このようなはがきや封書が届いても慌てないでください。心配なときは、消費生活センターまたは名寄警察署(2-0110)に相談してください。

第2号ダウンロード

【第1号】元号発表に便乗!?携帯電話会社をかたるなりすましメールに注意!

事例
新元号発表後、携帯電話に「ご利用中のお客様へ大切なお知らせ」契約プランに移行するとの内容でメールが届いた。契約中のプランがどのように変更されるかを確かめるよう求め、リンク先にアクセスさせようとしている。不審だ。
  • あやしいメール
  • ドコモメール
アドバイス
  • 新元号の発表に便乗し、携帯電話会社(NTTドコモ・ソフトバンク・KDDI)各社をなりすました迷惑メールが届いていることから携帯電話会社は注意を呼びかけています。 

 NTTドコモ 「新元号に伴う料金改正」「ご利用中のお客様へ大切なお知らせ」などの件名で料金プランの確認を求め偽サイトに誘導する                                          
 ソフトバンク 「キャッシュバックキャンペーン」をかたり本文中のURLをクリックさせようと誘導する
 au(KDDI) 「新元号キャンペーン」と称し、料金プランの確認のためURLをクリックさせようと誘導する
  • 携帯電話会社は上記のようなメールを配信していません。また、新元号に関するキャンペーンを実施していません。メールが届いても文中のリンク先やURLは絶対にクリックしないでください。
  • 新元号に関するメールが届いても無視をしましょう。心配なときは、消費生活センターまたは名寄警察署(2-0110)に相談してください。

 

 

第1号ダウンロード

お問い合せ・担当窓口

消費生活センター

休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月31日から翌年1月5日)

  • 住所:郵便番号096-0001 北海道名寄市東1条南7丁目 駅前交流プラザ「よろーな」2階
  • 電話番号:01654-2-3575
  • ファクシミリ:01654-2-3575
  • メール:nayoro@city.nayoro.lg.jp